ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2005.09.10]

●第7回ゴールデン・バレエ・コー・スター・ガラ 2005が開催

 NBAバレエ団が二年ごとに主催するゴールデン・バレエ・コー・スターのガラ公演。第7回目はアジア圏のニューウエーブに目を向け、中国、韓国のダンサーたちもゲストに迎えて行われた。
中国からは3人のダンサーが4演目を披露、それぞれがコンテンポラリー・ダンスをソロで踊った。中国人のダンサーはみんな素早い動きで、中国的な印象を 与える動きや仕草で作品を構成している。身体能力はたいへん優れていると思われる。韓国からは国立芸術大学のペアが『華の命』(振付はへー・シック・キ ム、音楽はYae Jin Jo)とグソフスキー振付の『グラン・パ・クラシック』を踊った。

日本組のトップは、パリ・オペラ座バレエ団のカドリーユ、藤井美帆と遅沢佑介の『海賊』のパ・ド・ドゥ。ゆったりとしておおらかさを感じさせる動きで、 中国の動きとは異なった印象を与えた。山本禮子バレエ団の渡辺美咲とNBAバレエ団の田熊弓子、セルゲイ・サボチェンコがゴルスキー振付、ドリゴ曲の『海 と真珠』を踊った。

『パキータ』

デミトリー、ダニールのシムキン親子は、デミトリー振付の『My Way』。音楽はポール・アンカ、歌はシナトラである。腰を曲げて頭を床に着ける動きを多用した作品。パリ・オペラ座バレエ団からマルセイユ国立バレエに 移ったデルフィーヌ・バエとオペラ座バレエ団のカール.パケットは『エスメラルダ』。サンフランシスコ・バレエ団のプリンシパルで人気者のヤンヤン・タン は、同じバレエ団のディヴィット・アーシィーと『ロミオとジュリエット』のパ・ド・ドゥを踊った。ヤンヤン・タンの相変わらず美しいプロポーションには思 わず見とれてしまう。彼女は自身が再振付した『瀕死の白鳥』も踊った。さすがに形は美しかったが、力が抜けきらなくてやや細やかさに欠けた部分も見受けら れた。最後の白鳥が息絶えるところは、鳥の動きを人形振りのように見せる工夫があった。

山本禮子バレエ団の出身でオレゴン・バレエシアターの飯野有夏が、ダニール・シムキンとワイノーネン振付の『パリの炎』を踊った。コロラド・バレエ団の 久保紘一と同じバレエ団のシャロン・ウェナーは、バランスのとれたペアで『タリスマン』をしっかりと踊った。また、デミトリー・シムキンはベートーヴェン の曲を使って自身で振付けた『アダジオ・カンタビレ』を披露。鉄棒のように宙吊りのバーの上で演技した。たいへん変った動きを考える舞踊家である。
最後は、バエとパケットを中心にNBAのダンサーたちが踊った『パキータ』。そして華やかに全員が再び登場しデフィレで幕を閉じた。
(8月1日、メルパルクホール)

『風吟』

『海賊』

『瀕死の白鳥』

『My Way』