ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2005.02.10]

●真忠久美子がオデット/オディールを踊った新国立劇場の『白鳥の湖』

  新国立劇場の『白鳥の湖』はコンスタンチン・セルゲイエフ版で、初演の際にはナタリア・ドゥジンスカヤが監修してる。セルゲイエフ版では、道化が狂言回し ふうに登場し、要所でスピードにのったソロを踊って舞台を盛り上げる。第2幕の花嫁候補たちのシーンでは、王子は選ばれた花嫁に渡すべき花束を道化に渡し て、結婚しないという意志を表す。また、予期せぬ客のロットバルトとオディールが登場するシーンでは、道化が脅えてみせておどろおどろしさを強調する。こ のような演出は、かなりの舞台効果を上げてはいるが、やはり、いささか作り過ぎている気もしないでもない。

一方、王子と白鳥から姿を変えたオデットの出会いのシーンにも、もうひとつ、新しい恋の予感に打ち震えるような感動が感じられなかったのは残念である。
真忠久美子のオデットは、日本人ばなれした美しいプロポーションを使って、見事なラインを描いていた。整えられたコール・ド・バレエとの間合いもよく、 第1幕から既に、悲劇の予兆をはらませた優れた踊りであった。ジークフリート王子を踊ったのはマレイン・トレウバエフ。ワガノワ・バレエ学校出身でレニン グラード国立バレエでボヤルチコフの下で踊ったキャリアをもっている。端正な落ち着いた踊りであったが、いささか地味な印象である。もう少し表情豊かにア ピールしてもらいたい、とも思った。
(1月8日、新国立オペラ劇場)