ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2005.01.10]

●佐藤桂子・山崎泰スペイン舞踊団公演『薔薇の話をしよう』

 佐藤桂子・山崎泰スペイン舞踊団のアヴァンギャルドシリーズ『薔薇の話をしよう』を観た。次々と速いテンポの場面転換で、薔薇の花に託して人生の断章を描いていくダンス・ドラマである。「人の命は一瞬のごとし。一輪の薔薇の花に封印された 血の赤い花は 愛と贖罪によって あおく、かぐわしく変容する‥‥」と。
父の浮気による家族の危機から、母とある男の愛と姉妹の葛藤、愛人の苦悩と贖罪といったテーマが、フラメンコ、バレエ、オペラ、ジャズなどの様々のジャ ンルの音楽を使って構成している。薔薇の深い色が生きた演出であった。ラストシーンでは、父を持つことができなかった母と姉妹の三人がブランコに乗り、聖 水と戯れた後に天に昇っていった。
  非常に内容が多く、複雑な演出をスムーズに展開しているのには感心した。ただ、それぞれのシーンがやや短くシュールな表現も駆使しているのいで、もっと踊 りを味わう時間が欲しかった、という気もした。総監督は佐藤桂子、台本・演出が山崎泰、振付は山崎泰、杉本光代、池本佳代。
(12月2日、メルパルクホール)