ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2004.12.10]

●お久しぶり、リン・チャールス演出・振付の『内|外 uchi|soto』

  ノイマイヤーのハンブルク・バレエ団やベジャール・バレエ・ローザンヌ、プティのマルセイユ・バレエ団などでプリンシパル・ダンサーとして活躍したリン・ チャールス。ベジャールの下で踊った『マルロー、あるいは神々の変貌』や『メフィスト・ワルツ』などで日本のファンにも深い印象を残している。久方ぶりの 日本の舞台には、ダンサーとしてではなく、振付家として新作を発表した。

『内|外 uchi|soto』とタイトルを付された作品のキャストは、新国立劇場から他の舞台でも踊ることができるようになった酒井はな、スターダンサーズ・バレ エ団の西島千博に加えて、オーディションを経て参加したダンサーたち、浅見紘子、厚木彩なども踊った。

タイトル通りの2部構成だが、「内_uchi」はPart1.からPart3.に分けられている。Part1.では、調和、イノセンス、競争、美、差異 などといった一般的な女性の感情を描き、Part2.で時系列に、誕生、青春、喪失、死、哀悼などの叙事的な表現、Part3.では寛容、絶対といった永 遠の摂理を表すダンスを繰り広げた。トゥシューズは使わず女性は同じブルーグレーの色調の衣裳で踊った。

第2部の「外_soto」には、<お化粧をすることはできるけれども、生きてきた軌跡までは隠せない>というサブタイトルが付されている。トーンはが らっと変って、女性は全員がトゥシューズを履いた。粋がる酒井と西島の、突き飛ばしたり、足を踏んづけたり、ぶつかりあったり、絡み合うパ・ド・ドゥが中 心となる。さらに、ダンサーたちが思い思いの服装でホームレス風だったりストリートチルドレン風だったりして踊る。バラードにのせたパ・ド・ドゥがあっ て、大喝采を浴びるスター西島へ。ダンスの見せ方を心得たリン・チャールスの鮮やかな演出・振付だった。きびきびした酒井はなの小気味のいい踊りが光っ た。


(10月28日、青山円形劇場)