ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2011.06.10]

東京シティ・バレエ団の様々な雰囲気を感じたラフィネ・バレエコンサート

石井清子:振付『ノスタルジー』、ソ・ユンソク:振付『DEVIL'S TEMPTATION』、
安達悦子:振付『ドン・キホーテ』第3幕より抜粋、
中島伸欣:振付『一枚の「記憶」〜ひょっとして、あれのこと〜』
東京シティ・バレエ団 ラフィネ・バレエコンサート
tokyo1106e01.jpg

東京シティ・バレエ団のラフィネ・バレエコンサートは三部構成だった。
まず、石井清子振付の『ノスタルジー』の再演。七つのパートに分けられ女性ダンサーが優雅に踊った。衣裳は淡いグレイの色調のロング。それぞれのパートに「大地(アトランテア)」「たそがれ(ノクターン)」「悲哀(アダージオ)」「祭り(ザ・ラップ)」「花(シークレットガーデン)」「灯り(シグマ)」といったタイトルがつけられている。女性ダンサーの群舞の美しさをアピールするダンスだったが、時折、記憶の中の子供たちの情景がよぎって甘い感傷を訴えた。音楽はノルウェーの作曲家ロルフ・ラヴランドの「シークレット・ガーデン」。
続いて『DEVL'S  TEMPTATION』はソ・ユンソク振付。拭いきれない煩悩を負った三人の人間を悪魔が絡めとるまでを描く。ソ・ユンソク自身が中心となった悪魔たちの大胆な赤と黒の衣裳と照明をかなり強烈に駆使したダンスが楽しかった。ただ、全体にダンスと動きをミックスして悪魔の生態や人間の弱さを表していたが、微妙な表現への関心はあまり見受けられなかった。

tokyo1106e02.jpg

そして芸術監督の安達悦子が再振付けした『ドン・キホーテ』。志賀育恵とキム・ボヨンが踊った。第3幕の結婚式のグラン・パ・ド・ドゥに、ふたつのヴァリエーションと女性ダンサーの群舞をつけて、スペインの情緒と舞踊のエッセンスを表した。志賀育恵は力強さと豪華さを同時に表すことのできるダンサーになった。キム・ボヨンも切れのある踊りを見せた。
最後に上演されたのは『一枚の「記憶」〜ひょっとして、あれのこと〜』。中島伸欣がバッハの曲からインスパイアされて振付けた新作である。
上手の白い背景幕で仕切られたスペースに男女九名ずつのダンサーがそれぞれランダムな姿勢をとり、踊ったり佇んだりしている。音楽にまじってクラクションや波などの現実音が聞こえる。やがて全員が集まって記念撮影。いつしか現実音が消えバッハの曲が流れている。橘るみと黄凱のパ・ド・ドゥ、五組のペアの踊り、四人の男性ダンサー、さらには全員が九組のペアとなって踊った。激情を表したり楽し気だったり、ダンスはよどみなく展開し様々な表情を描いてみせ、黄凱、チョ・ミンヨンなどの男性ダンサーたちの踊りが魅力的に輝いていた。
そして今、記念撮影した一枚の写真が白い背景幕に投影されると、それぞれの様々な思い出の写真も次々と映された。記憶と現在を往復しながら、男女の関係、仲間たちと共有する感覚を確かめるような、心のアイディンティを模索するダンスだった。
(2011年5月22日 ティアラこうとう大ホール)

tokyo1106e03.jpg tokyo1106e04.jpg

撮影:鹿摩隆司
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。