ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2016年02月

華やかに気鋭のダンサーたちが踊った、新国立劇場バレエ団の新春ガラ公演

今回が初めての試みとなる「ニューイヤーバレエ 2016」が、新年の華やかな気分の漂う新国立劇場オペラパレスで開催された。 ・・・
[2016.02.17]

エルヴェ・モローとヴィラドムスによる豊かで成熟した「音楽とダンスのマリアージュ」

『煌めくエトワール』エルヴェ・モロー:振付、『トリスタンとイゾルデ』より「愛のパ・ド・ドゥ」ジョルジオ・マンチーニ:振付、『ツクヨミ』中村恩恵:振付、『それでも地球は回る』ジョルジオ・マンチーニ:振付・・・
[2016.02.10]

名男性ダンサーだったチャブキアーニの華麗な踊りを復活した『ローレンシア』

『ローレンシア』は、旧ソ連時代の優れた男性ダンサーとして知られるワフタング・チャブキアーニが振付、1939年キーロフ劇場(現マリインスキー劇場)で初演された。音楽はA.クレインが作曲し、ナタリア・ドゥ・・・
[2016.02.10]

サラファーノフの弾むようなステップとヴォロンツォーワの押さえた演技が印象的だった

ミハイロフスキー劇場バレエ(〜旧レニングラード国立バレエ〜)の新春公演。最も注目されたのは、別項にあるイワン・ワシリーエフの参加と彼の出演による『ローレンシア』を外国のバレエ団として日本初演することだ・・・
[2016.02.10]

ソボレワのオデットとサファーノフのジークフリートの純粋な心を響かせ合った踊り

『白鳥の湖』でオデット/オディールを演じたアナスタシア・ソボレワは、手脚が長く舞台映えがするダンサーである。脚は高く上がるし、長い腕を羽のように動かしもしたが、オデットとしての儚げな雰囲気はあまり感じ・・・
[2016.02.10]