ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2015年11月

中村祥子のカルメンと宮尾俊太郎のドン・ホセが圧巻の熱演をみせた、熊川版『カルメン』

K BALLET COMPANYの熊川哲也演出・振付による『カルメン』。この作品は、2014年10月にK BALLET COMPANYの創立15周年記念として世界初演された。今回は最初の再演である。 ・・・
[2015.11.10]

100年の時を超えて現代によみがえる牧神、牧阿佐美バレヱ団『牧神の午後』と『ジゼル』

『牧神の午後』 バレエ・リュスのニジンスキーが初めて振付けた作品『牧神の午後』が、パリ・シャトレ座で上演されたのは1912年のこと。それまでのバレエの常識を覆したセンセーショナルな舞踊に会場は騒然とな・・・
[2015.11.10]

森下洋子と刑部星矢のペアが新鮮な魅力を発揮した、松山バレエ団『眠れる森の美女』

松山バレエ団が、第22回神奈川国際芸術フェスティバルの一環として『眠れる森の美女』を上演した。同バレエ団は今年5月にこの古典名作を7年ぶりに上演したばかりだが、会場となった神奈川県民ホールの開館40周・・・
[2015.11.10]

「まぼろしの夜明け」は来るのだろうか? 6つの身体が語った川村美紀子の新作ダンス

川村美紀子の新作ダンス『まぼろしの夜明け』を観た。 シアタートラムの舞台と客席を取り払い、中央に大きなテーブルを据えた上に6体の死体が横たわっている。観客は不定形なテーブルの回りを取り囲んでパフォーマ・・・
[2015.11.10]

近松の女たちをコンテンポラリー、フラメンコ、バレエ、日本舞踊と、異なるジャンルのダンスで表現

近松門左衛門の作品世界をダンスで描く新国立劇場主催の公演「近松DANCE弐題」が4年振りに行われた。Aプログラムはコンテンポラリーダンスで、前回初演された加賀谷香の『エゴイズム』の再演。Bプログラムは・・・
[2015.11.10]

ミショーの形と言葉とシュイナールのダンサーが描いた美しいムーヴマン

カナダのケベック州モントリオールに本拠を置く、カンパニー・マリー・シュイナールが来日し、横浜、高知、金沢で公演を行った。横浜では、独特の奇異なヴィジュアルで知られるマリー・シュイナールのイメージによる・・・
[2015.11.10]

妖精の伝説を巡って2組の恋の行方が展開、心が楽しくなる音楽劇、クーラウ作曲『妖精の丘』

フリードリッヒ・クーラウ作曲の戯曲『妖精の丘』(全5幕)が上演され、伊藤範子の振付で谷桃子バレエ団が出演する、と聞いて観に行った。クーラウはドイツに生まれ後にデンマークに帰化した作曲家。幼い頃に井戸に・・・
[2015.11.10]