ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2009年06月

ザハーロワは「女優バレリーナ」に成長していくだろうか

スヴェトラーナ・ザハーロワは、比類なく美しいプロポーションと柔軟性、非の打ち所のない美貌、確かなバレエのテクニック、真摯な性格と、すべてにわたって見事にバランスが整っている。一世を風靡した全盛期のシル・・・
[2009.06.10]

松岡梨絵と宮尾俊太郎が踊った Kバレエ カンパニー『ジゼル』

今回のK バレエ カンパニーの熊川哲也版『ジゼル』の再演では、東野泰子がジゼル、清水健太と宮尾俊太郎がアルブレヒトを初めて踊った。私は、ジゼルに松岡梨絵、アルブレヒトに宮尾俊太郎、ヒラリオンに遅沢佑介・・・
[2009.06.10]

ザハーロワ、新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』

新国立劇場の『白鳥の湖』は、1998年にマリインスキー劇場のレパートリーであるコンスタンチン・セルゲーエフ版をナタリア・ドゥジンスカヤの監修により上演。その後レパートリーとして約40回上演したが、20・・・
[2009.06.10]

小林紀子バレエ・シアターがマクミラン版『眠れる森の美女』

小林紀子バレエ・シアターがカンパニーとしては31年ぶりとなる『眠れる森の美女』を上演した。前回はジョン・フィールド版で小林紀子自身とデヴィッド・アシュモール他が踊ったそうだ。今回はケネス・マクミラン版・・・
[2009.06.10]

石井清子 振付『ジプシーダンス』ほか「ラフィネ・バレエコンサート」

東京シティ・バレエ団は東京都江東区と芸術提携を結び、毎年、ティアラこうとう(江東区の公会堂)で、創作、古典、オーケストラwithバレエ、年末恒例の『くるみ割り人形』の4回のバレエ公演を行っている。この・・・
[2009.06.10]

ベリーダンス・スパースターズの華やかで蠱惑的な"THE ART OF BELLYDANCE"

ベリーダンスは、アラブ文化圏を中心に踊られてきたダンスで、日本では最近まで、あまり馴染みはなかった。たとえば『くるみ割り人形』の中でデヴェルティスマンとして踊られる「アラビアの踊り」はベリーダンスを採・・・
[2009.06.10]

24年目を迎えた日本版ミュージカル『アニー』

1986年の初演以来24年目を迎えた大ヒットミュージカル『アニー』。 物語の設定は、現在、世界が陥っている不況と比較されることの多い1933年の世界大恐慌の最中。街にはホームレスや失業者があふれている・・・
[2009.06.10]

針山愛美ファミリーの「夢コンサート」

父がクラリネット奏者で母がピアニスト、3人の姉妹がダンサー・・・。Dance Cubeで「バレリーナのベルリン日記」を連載中の針山愛美一家は、まるでほんとに夢のようなアーティスト・ファミリーである。・・・
[2009.06.10]

デンマーク・ロヤル・バレエ団が9年振りに来日
お家芸のブルノンヴィルとノイマイヤー作品を上演

261年の伝統を誇るデンマーク・ロイヤル・バレエ団が、芸術監督ニコライ・ヒュッベに率いられて9年振りに来日した。演目は、デンマーク・バレエの創設者、オーギュスト・ブルノンヴィルの『ナポリ』と、現代の巨・・・
[2009.06.10]

ポルトガルのカムスナ・バレエ初来日、環境破壊をテーマにした作品を上演

ポルトガルを代表するコンテンポラリー・ダンスの舞踊団、カムスナ・バレエ・カンパニーが、芸術監督セザル・アウグスト・モニスと共に初来日し、環境破壊による地球の危機に警鐘を鳴らす『Love the Ear・・・
[2009.06.10]