ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2008年04月

熊川哲也の新作バレエ、『ベートーヴェン 第九』

第1楽章  熊川哲也の新作バレエ『ベートーヴェン 第九』が、赤坂ACTシアターのプレミアム・オープニングとして世界初演された。ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンの『交響曲第9番』は、1824年に初・・・
[2008.04.10]

伝統を継承する牧阿佐美バレヱ団のウエストモーランド版『白鳥の湖』

伊藤、京當 良く知られるようにチャイコフスキーの『白鳥の湖』は、モスクワのボリショイ劇場で初演され、後にプティパ、イワノフの振付による歴史的な決定版が制作 された。しかしロシア・バレエは、ロマノフ王朝・・・
[2008.04.10]

スターダンサーズ・バレエ団の新作『シンデレラ』

林、福原 スターダンサーズ・バレエ団を中心に活動し、『ドラゴン・クエスト』や『MISSING LINK』などを振付けている鈴木稔の新作『シンデレラ』全2幕が初演された。音楽はプロコフィエフ。 父親が多・・・
[2008.04.10]

H・アール・カオスの『中国の不思議な役人』『ボレロ』

『中国の不思議な役人』  H・アール・カオスが、大友直人、東京フィルとともに<東京文化会館コラボレーションコンサート>を行い、新作『中国の不思議な役人』と05年以来の再演となる『ボレロ』を上演した。ま・・・
[2008.04.10]

森山開次『The Velvet Suite ヴェルヴェット・スウィート』

 暗黒の舞台。真紅の布が大きく円を描いている舞台中央に、上半身裸の森山が横たわっている。傷ついた獣、という設定。天から赤い花弁で作られた大きな球 体が吊るされ、目には感じられないくらいゆっくり、しかし・・・
[2008.04.10]

内田香が率いる Roussewaltz の『PICNIC』

コンテンポラリー・ダンス・カンパニー、Roussewaltz の内田香の演出・構成・振付・出演による『PICNIC』が初演された。ピクニックとは、みんなが出会うところであり、心を解放して活発になったり・・・
[2008.04.10]

北村明子によるレニ・バッソの新作『パラダイスローグ』

 北村明子が主宰するレニ・バッソが2年ぶりの新作『パラダイスローグ』を発表。東京公演は3年ぶりになるそうだ。そして夏には、この『パラダイスローグ』を持ってヨーロッパ、アジア・ツアーに向かう、という。 ・・・
[2008.04.10]

Co. 山田うんの新作『ドキュメント』

独特のユーモアとフィジカル感覚、少々自虐的な表現などユニークなダンスを創る山田うんの新作『ドキュメント』。男性7人、女性5人のダンサーが踊った。衣裳はダンサーそれぞれ思い思いのものだが、ひとりだけスー・・・
[2008.04.10]

康本雅子の『チビルダミチルダ』

 人気急上昇中の康本雅子の新作『チビルダミチルダ』を観た。 小さな会場ながらソールドアウトでチケットはプラチナになり、追加公演が行われ、開場のだいぶ前から当日券を求めて長い列が出来ていた。他のコンテン・・・
[2008.04.10]

Tokyo Dance Market 2008の三作品

Tokyo Dance Market 2008が開催され、ナチュラルダンステアトル、UESHIMA theater、Dance Company BABY-Qという三つのカンパニーのダンスがA・Bの2プ・・・
[2008.04.10]

中国雲南省の舞踊、ヤン・リーピンの『シャングリラ』(理想郷)

ヤン・リーピンは、創作舞踊のソロ作品『孔雀の精霊』で中国で著名になった舞踊家。彼女はは雲南省の少数民族ペー族の出身。故郷の素晴らしい舞踊がしだ いに失われていくのに危機感を覚え、この地方の舞踊や歌の<・・・
[2008.04.10]

東京バレエ団『時節(とき)の色』『スプリング・アンド・フォール』

東京バレエ団が、ノイマイヤーの叙情性豊かな2作品を上演した。ドヴォルザークの弦楽セレナードによる『スプリング・アンド・フォール』(1991年) と、同団のために創作された『時節の色』(2000年)。こ・・・
[2008.04.10]