ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2007年10月

ボリショイ&マリインスキー饗宴の眼福にあずかる

『三つのグノシエンヌ』ロバトキナ、コズロフ  Aプロがボリショイ・バレエ&マリインスキー・バレエで、Bプロがマリインスキー・バレエ&ボリショイ・バレエというような、まさにロシア・バレエの精髄をあますと・・・
[2007.10.10]

黒沢&木佐貫による50年に一度のデュオダンス『約束の船』

日本のコンテンポラリー・ダンスを代表する二人の女性舞踊家、黒沢美香と木佐貫邦子が、50年に一度のデュオダンス『約束の船』を踊った。公演の際に配布されたプログラムには、かなり詳細な二人の活動歴がプリント・・・
[2007.10.10]

加藤みや子ダンススペース40周年記念公演から

尖鋭なイメージのコンテンポラリー・ダンスを創ることで知られる加藤みや子が、自ら主宰するダンススペースの40周年記念公演を行った。加藤は、森嘉子 のもとで踊り、藤井公・利子に師事し、70年代初め頃からダ・・・
[2007.10.10]

3人のミュージシャンと共演した東野祥子のソロダンス

トヨタ・コレオグラフィ・アワード2004で、「次代を担う振付家賞」を受賞した東野祥子が、3人のミュージシャンとそれぞれコラボレーションする 『E/G』東野祥子ソロダンス+ミュージシャンズを上演した。タ・・・
[2007.10.10]

コンドルズの『沈黙ノ夏』2007東京公演

『沈黙ノ夏』 ダンス公演ばかりでなく、バンドプロジェクトやテレビ、ラジオ出演、CMや写真集の出版と大忙しのコンドルズ。11月1日の愛知芸術文化センター15周 年記念の『愛知と青春の旅立ち~コンドルズと・・・
[2007.10.10]

上野の森美術館展示スペースで踊られたJUNKO OKUDAの『透 tou』

上野の森の美術館では、「作家の視点」という52名の画家の作品が展示されている。そのスペースのコーナーに、白い紗幕でいく重にも仕切った中に、白い チュチュを着けてニットの帽子を被ったOKUDAがうずくま・・・
[2007.10.10]

坪内逍遥の実験的大作「新曲浦島」を芸大が初演

  明治時代にシェイクスピアを全訳したり、新しい歌舞伎台本を書くなど活躍した坪内逍遥は、ワーグナーの楽劇に触発されて日本の国民的な演劇を創ることを願った。そして生まれたのが、邦楽と洋楽のコラ・・・
[2007.10.10]

東京バレエ団<ニジンスキー・プロ>

東京バレエ団が、伝説のダンサー、ニジンスキーが得意とした演目4作を並べた<ニジンスキー・プロ>を上演した。本来は<マラーホフ、ニジンスキーを踊 る>の一環として、この貴公子が全く異なる4つの役柄にどう・・・
[2007.10.10]

室伏鴻×黒田育世『ミミ』

  室伏鴻と黒田育世という異色の二人による初の共演が、室伏の企画するExperimental Body シリーズvol.Vとして行われた。片や“孤高の舞踏家、”片や鮮・・・
[2007.10.10]