ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2005年03月

●日本で世界初演したアダム・クーパーの『危険な関係』

  ご存知のように、クーパーは東京で行われた熊川哲也がグランプリを受賞した89年のローザンヌ国際バレエ・コンクールで、プロフェッショナル賞を受賞して いる。彼は、ともにロイヤル・バレエで踊った熊川の主・・・
[2005.03.10]

●マシュー・ボーンの『白鳥の湖』やはりおもしろい

  昨年大ヒットを記録したマシュー・ボーンの『白鳥の湖』が再演された。昨年は『くるみ割り人形』『プレイ・ウイズアウト・ワーズ』も上演されたし、今年の 6月には『ラ・シルフィード』をモティーフとした『愛・・・
[2005.03.10]

●谷バレエ団の『ジゼル』、NBAバレエ団の『コッペリア』

 谷桃子バレエ団が『ジゼル』全幕と「バレエ・コンサート」を上演した。 「バ・・・
[2005.03.10]

●勅使川原三郎の『風花』新国立劇場版

『風花』は昨年、フランスのリール・オペラ座の委嘱で創られ、新国立劇場の上演のためにさらに改訂された。タイトルの「風花」とは、<晴天に風と共にちらちら降る雪>のことであり、「なにか常ならざる事、至上の瞬・・・
[2005.03.10]

●田中泯の桜花村舞踊公演『家族からから』

 田中泯は「踊りの村を作ろう」という考えから、山梨県白州町を拠点に、「日々農耕ト舞踊ノ研鑽ニ精」をだし、お茶、梅、林檎、オリーブ、じゃがいもなどの作物を収穫している。 今回の公演会場でもその一部を販売・・・
[2005.03.10]

●上村なおかソロ『一の百』、岡登志子の『Nebel land』

 近年、上村なおかはほとんど毎年、新作のソロ公演を行ってきた。 ただ、一昨年の暮れにソロを踊ったが、昨年はコラボレーションの舞台は多かったがソロはなかった。とまあ、上村の新作ソロ公演が観たかったわけで・・・
[2005.03.10]

●ハンブルク・バレエ団『冬の旅』『ニジンスキー』

  ハンブルク・バレエ団による続く二演目は、共に芸術監督ノイマイヤーによる近作。『冬の旅』(2001年)は、ミュラーの詩による24曲から成るシューベ ルトの歌曲集をバレエ化したもの。ノイマイヤーはこれ・・・
[2005.03.10]

●マチュー・ガニオが東京バレエ団の『ラ・シルフィード』に客演

パ リ・オペラ座バレエ団の新しきスター、マチュー・ガニオが、東京バレエ団の『ラ・シルフィード』(ラコット版)に客演した。ドミニク・カルフーニとデニ ス・ガニオという優れたダンサーを両親に持ち、昨年5月・・・
[2005.03.10]