ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

三光 洋 Text by Hiroshi Sanko 
[2017.03.10]

マクレガーのダイナミックなダンスと見事な視覚的装置、ロックミュージックを組み合わせた総合的なスペクタクル

Ballet de l’Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団
“TREE OF CODES” Wayne MCGREGOR
『ツリー・オブ・コーズ』ウェイン・マクレガー:振付

2月のパリ・オペラ座は、英国の振付家ウェイン・マクレガー(1970年生)の『ツリー・オブ・コーズ』を上演した。マクレガーは英国ロイヤル・バレエのレジデント・コレオグラファーで、パリ・オペラ座バレエ団は、すでに『ジェニュス』『感覚の解剖学』『アレア・サンズ』の三つの作品をレパートリーとしている。
『ツリー・オブ・コーズ』は、2015年7月にマンチェスター国際フェスティヴァルで世界初演されている。人気作家ジョナサン・サフラン・フォアの小説に触発されて創作されたものの、筋があるわけではない。フォアの小説はポーランドの作家ブリュノー・シュルツの作品『鰐の通り』を切り貼りして作ったもの。『鰐の通り』の英語題名The Street of CrocodilesからThe S , t,Cro, ilを消すとTree of codesとなる。この本が呼び起こす感覚を、身体とイメージ、それに音で表現したいという欲望がマクレガーの振付の原点になった。

pari1703b_03.jpg (C) Opéra national de Paris/ Little Shao

開演時間が過ぎてしばらくすると客席の照明が消えて、場内は闇に閉ざされた。ジェイミー XX のロック音楽に乗って、光の点があちこちで動き始めた。ダンサーたちの体に付けられたダイオードが体の動きとともに移動し、客席からは満天の星空を見ているような感じにとらわれた。
やがて照明が戻って新しいシークエンスに入った。デュオやアンサンブルが中心だが、後半になってからソロも入ってきた。こうして1時間40分の上演時間中、腰を大きくひねって身体の軸を傾けたり、体をダイナミックに揺り動かす、マクレガー独特の激しい動きがパリ・オペラ座バレエ団のダンサー6人とウェイン・マクレガー・カンパニーの9人のダンサーによって舞台上に展開していった。衣装はシンプルで手足を伸ばしたり、よじったりするのがよく見えるようになっていた。

そして、この15人の動きとともに作品を支える大きな要素はオラフール・エリアソンが考案した「舞台装置」だった。
この「装置」は変幻自在の照明と切り離すことができない。巨大な円や長方形の枠に青、黄色、赤といったカラーが映し出され、ダンサーの身体とともにタブローを構成するかと思うと、舞台全面を覆う幕が鏡となってガルニエ宮の客席や観客を映し出した。また、半透明の幕によって舞台の奥にいるダンサーたちの姿が前にいるダンサーと重なって見えたり、二組のダンサーの姿が無限に増幅されていたりもした。スポットライトが客席を移動しながら観客に当てられることで、舞台空間が客席をも包み込み、「観客が舞台を見る」という従来の枠組みを超えて、観客もスペクタクルの一部となっていたことも斬新だった。

pari1703b_01.jpg pari1703b_02.jpg
   
Photos:(C) Opéra national de Paris/ Little Shao

運動量が多く、複雑な動きが重ねられていった。この舞台はマクレガー・カンパニーで活躍している高瀬譜希子の切れ味のよい動きを、パリの観客が見る機会になったが、どの団員もそろって高度の技術を持ち、一糸乱れぬアンサンブルを構成していた。パリ・オペラ座バレエ団の公演から長い間遠ざかっていたエトワールのジェレミー・ベランガールがソロを踊り、元気な姿を見せてくれた。ベランガールは昨年5月にパリ日本文化会館で作曲家の渋谷啓一郎、造形芸術家のジュスティーヌ・エマールとのコラボレーションで『世界の終末のためのパレード』を発表するなど、オペラ座以外の場所で意欲的な創作に取り組んでもいる。またマリ=アニエス・ジロもいつもながらソロやデュオで圧倒的な存在感を見せてくれた。
ダンスと視覚的装置、ロックとを組み合わせた総合的なスペクタクルは、テンポが速く変化に富んだ斬新なもので、ウェイン・マクレガー・カンパニーのダンサーとオペラ座バレエ団のダンサーとが手に取を取り合ってのカーテンコールは、今シーズンのパリ・オペラ座の公演で突出して長いものとなった。

pari1703b_05.jpg pari1703b_09.jpg pari1703b_15.jpg
pari1703b_04.jpg pari1703b_07.jpg
Photos:(C) Opéra national de Paris/ Little Shao

(2017年2月22日 ガルニエ宮)

『ツリー・オブ・コーズ』
音 楽 ジェイミー XX
振 付 ウェイン・マクレガー
演 出 ウェイン・マクレガー
装 置 オラフール・エリアソン
照 明 ロブ・ハリデー
効果音 ニック・セイガー
音楽は録音を使用
ダンサー マリ=アニエス・ジロ、リディー・ヴァレイユ、リュシー・フェンヴィック、ジェレミー・ベランガール、セバスチャン・ベルトー、ジュリアン・メザンディ
カタリナ・カルヴァロ、ダニエラ・ノイゲバウアー、高瀬譜希子、ジェシカ・ライト、トレーヴィス・クローゼン=ナイト、アルヴァロ・ドゥール、ルイス・マクミアー、ジェームス・ペット、ポ=リン・トゥン

pari1703b_08.jpg pari1703b_10.jpg
pari1703b_11.jpg pari1703b_12.jpg
pari1703b_13.jpg pari1703b_14.jpg
pari1703b_16.jpg pari1703b_18.jpg
Photos:(C) Opéra national de Paris/ Little Shao