ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2004.08.10]

●フォーサイス&フランクフルト・バレエ団最後のパリ公演

 フォーサイスとフランクフルト・バレエ団がパリのシャトレ座に初登場したのは、1988年のことだった。
以来、斬新で、時代の先端を突っ走るこのカンパニーの公演は毎年毎年、パリの舞踊界の事件となった。私が見たのは、90年の『スリンゲルランド』が最初 で、以後、次々に刺激的な新作に接することができたのは幸運であったが、フォーサイスを招聘したリスナー監督時代の最後の頃には、絶頂に達していた人気も かげりを見せ始めてきた。例えば、96年に上演された『シックス・カウンター・ポインツ』では、初めてブーイングを受けるなど、不名誉な事態も起こり、 シャトレ座の新監督としてブロスマンの就任が決まると、契約は更新されなかった。

その後、99年からパリ郊外のMC93ボビニ-の劇場に場を移し、公演するようになったものの、客層も変わり、第2部から会場をボビニ-からヴィレットへと移して上演した『エンドレス・ハウス』などは、先鋭さがレトロに変わったような平凡なパフォーマンスに終わった。
次にフォーサイスを招聘することになったのは、エッフェル塔のお膝元、モンタルヴォがディレクタ-を務めるシャイヨ劇場であった。その最初の年、 2001年に上演された『ウルフ・フレーズ』などは、新基軸が認められたものの、2002年の『カンマ-/カンマ-』は、フォ-サイスの作品とは思えない 凡庸な出来で、長年、フォーサイスを支持してきた評論家たちからも見放されてしまった。

それから2年、フォーサイスは、再びシャイヨにやってきたが、今回がフランクフルト・バレエ団としての最後の公演となった(6月30日~7月3日)。来年1月からは独立してフォ-サイス・バレエ団として再スタートする。

今回上演されたのは、『ザ・ルーム・アズ・イット・ワズ』(2002年初演)、『リチェルカーレ』(2003年)、『(N.N.N.N.)』(2002 年)に、再演の『ワン・フラット・シングズ、リプロデュースト』(2000年)の4本。『リチェルカーレ』を除いては、音響はトム・ウィレムス。

全体に、装飾を排したシンプルな作りながら、踊りの密度が濃く、新生フォーサイス・バレエ団への期待が高まる内容であった。『ザ・ルーム・アズ・イッ ト・ワズ』は8人の出演で、中に、オペラ座出身の長身ダンサー、ペギー・グルラが混じっていて、ポワント・ワークなど個性的な動きで目立っている。息遣い を交えて、ダンサーたちの掛け合いや絡みが追求されている。

最新作の『リチェルカーレ』は、バッハのピアノ変奏(デヴィッド・モロー)により、ダナ・カスパーセン、アリソン・ブラウン、ファブリス・マズリア、ク リストファー・ロマンの精鋭4人が、ソロやデュエットを繰り広げていくものだが、ひねりやけいれん的な動作を主体に、さりげない動きを通して、4人が見え ない糸でつながれているのが感じられる佳品であった。

次の『(N.N.N.N.)』も、4人の男性ダンサーのつながりというのか呼吸を意識した作品。手をつないだり、体をたたいたり、腕を振り動かすなど、手と腕の動きが主になっているが、4人の動きの間の取り方が見事で効果的。

再演の『ワン・フラット・シングズ』は、前回見た時よりも迫力が増し楽しめた。幕が開くと、後方から地響きを立てながら20のテーブルが押し出されてく る。ダンサーたちは、テーブルをバンと叩きながら、テーブルの上を滑ったり、間の溝にもぐったり、神出鬼没に目まぐるしい移動を展開する。どの作品にも客 席の反応は良かったが、最後の作品が終わると、満員の客席からは爆発的な喝采が起こり、カンパニーの新しい門出を祝すかのようであった。ファーサイスとカ ンパニーの今後を見守っていきたい。

『ワン・フラット・シング』

『(N.N.N.N.)』