ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2004.07.10]

●マチュー・ガニオのエトワールお披露目となった『ラ・シルフィード』

 シーズンも終わりに近づいたパリのダンス界は、新エトワール、マチュー・ガニオの話題一色といった感がある。 6月28日からオペラ座バレエ団シーズン最後の『ラ・シルフィード』が始まったが、マチューが初日のジェームス役に登場し、初々しいエトワール・デビューを飾った。

この公演は、当初、マニュエル・ルグリが初日をはじめ、ビデオ撮りの日も含めて4日間踊る予定だったが、初日の10日ほど前に怪我で降板、マチューに白羽の矢が立ったもの。 バレエ団は、同時期に、マドリッドとバルセロナへ公演旅行(演目は『ジュエルズ』)を行っており、両方をかけ持ちする予定だったジョゼ・マルティネズも、さすがに無理が出て、 『ラ・シルフィード』の方をキャンセルするという残念な事態となり、ファンをがっかりさせている。

注目の初日は、このラコット版の初演者であるギレーヌ・テスマーとミカエル・ドナールをはじめ、ドミニク・カルフーニとノエラ・ポントワも並んで、客席に姿を見せていた。 特に新エトワールのママであるカルフーニは、大勢の人から祝福を受け、幸せ一杯の表情。

夢見る青年ジェームスの役は、マチューにぴったりで、一ケ月ほど前に踊ったバジルとは異なるロマンティックなスタイルを見事にマスターしているのに驚かされた。 舞台での上品で優雅な物腰、軽やかなパ、縦横無尽に舞う高い飛翔…。どれをとっても輝きを放って、彼が舞台に入る時は、彼にしか目が行かないのが困りもの。

シルフィードは、オレリ-・デュポン。 こちらも初役ながら、手先から足先まで神経の行き届いた演技で、しばしば拍手をさらった。 ところどころで、名花エリザベト・プラテルをほうふつとさせ、いずれプラテルを継承するシルフィード役者になることだろう。

続いて、マチューは、イザベル・シアラヴォラと組んだが、演技の上でも、技術的にも、より一層完成度の高い舞台を見せ、日に日に成長しているのが素晴ら しい。 新聞の予告記事に、”新エトワール、マチュー、最愛の人と踊る”と紹介され、二人を表紙にしたダンス雑誌は、あっという間にオペラ座のブティックから売り 切れた。 カルラ・フラッチにちょっと似たシアラヴォラは、古風な感じがこの作品によく合い、はかなく繊細なシルエットは、妖精にうってつけ。 マチューとの呼吸もぴったりで、新しいペアの誕生を印象づけた。

以下、次号で続報の予定。

デュポン&ガニオ

マチュー・ガニオ

デュポン&ガニオ

オレリー・デュポン