ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2004.04.10]

"世紀のバレリーナ"ザハーロワとイレールの『ジゼル』

  パリ・オペラ座で2月から行われている『ジゼル』の終盤に、ボリショイ・バレエから客演のスヴェトラ-ナ・ザハ-ロワとオペラ座のプリンス、ローラン・イ レールの二大スターが共演。シリーズ最後を締めくくるにふさわしい華やかでドラマティックな舞台が繰り広げられた(2月25日、3月2、4日)。

1月のボリショイ・バレエのパリ公演で、センセーションを巻き起こしたザハ-ロワは、この『ジゼル』でも天才的な独自の境地を見せ、24歳にしてすでに ”世紀のバレリーナ”あるいは”生ける伝説”との評価を得るに至っている。ザハ-ロワのジゼルは、まず第1幕は、村娘とは思えないほどあでやかで、表現も 開放的。 従来あるヒロインのイメージを一新するような解釈が新鮮だが、型にはまらず、まだまだ変貌していきそうな限りない可能性を秘めている点がまた魅力である。 宙を浮遊しているような軽やかなソロの見事さに、客席から感嘆のため息とともに拍手が沸き起こったが、数々のジゼルの名演が刻まれてきた歴史あるガルニエ の観客をもすっかり魅了してしまったのである。オペラ座きっての名アルブレヒトであるイレールは、入魂の演技を見せたが、この自由奔放な天才をオペラ座の スタイルにはめようとはせず、情熱的なまなざしで見守っていたのが印象的だった。

第2幕のザハ-ロワは、超人的な資質が一層きわだって、別世界に生きる精霊そのもの。アルブレヒトとのパ・ド・ドゥは、一体感が深まり崇高なまでに美し い。幕切れに、イレールが、花を一輪手にし、まだ目の前にジゼルがいるかのように、空を目で追う解釈は、深い余韻を残し、感動的だった。
当夜は、主役の演技に刺激されたのか、ソリストたちも競い合うようにベストの舞台を見せた。とりわけメラニー・ユレルとペザント・パ・ド・ドゥを踊ったエ マニュエル・ティボーの弾むようなソロには、エトワールの風格さえ漂っていた。ウィルフリード・ロモリのヒラリオンは、貫禄で要所を引き締め、マリ=アニ エス・ジローのミルタは、ダイナミックな跳躍に見ごたえがあり、ウィリの女王の威厳を感じさせた。

ザハロワ&イレールの<ジゼル>


ザハロワ&イレールの<ジゼル>