ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2005.02.10]

●シルヴィ・ギエムの2005年

 バレエ界の女王シルヴィ・ギエムは、今年も世界各地で充実した活動を繰り広げそうだが、とりわけ久々のパリ公演に期待がかかる。
(公演スケジュールに関しては、ギエム自身のサイト:WWW.SYLVIEGUILLEM.COMでも公表されている)

まず2月は、パリ、シャトレ座でのマッツ・エックの『カルメン』が注目の的(2月16、17、19、20日)。リヨン国立オペラ座バレエ団公演で、相手役はマッシモ・ムッル。
3月17日には、待望の写真集が発売される。奇しくもこの日は、ヌレエフの誕生日。タイトルは『INVITATION-SYLVIE GUILLEM』、監修フランソワーズ・ア・ヴァン、写真撮影ジル・タピ、解説ドミニク・フレタール、発行CERCLE D'ART。 400ページ、写真400枚という豪華版。お値段は80ユーロ(約11,000円)。
4月はシャンゼリゼ劇場で、ラッセル・マリファントの夕べ(4月14、16、17、18日)。昨年日本でも上演されたのと同じ『トーション』『TWO』 『ブロークン・フォール』の3作品を上演。共演マイケル・ナン、ウィリアム・トレヴィット。この企画は、7月のシャトーヴァロン(22、23日)と、リヨ ンのフルヴィエール劇場(26、27日)でも予定されている。

フランス以外の公演予定は次の通り。

◇2~3月 ロンドン、ロイヤル・オペラハウス『マノン』。共演コープ。
◇4月 同『マルグリットとアルマン』。共演ル・リッシュ、コープ。
◇4月 ロンドン、サドラーズ・ウエルズ劇場。<マリファントの夕べ>
◇4~5月 日本公演『マルグリットとアルマン』『ウィンター・ドリーム』
◇6月 ロンドン、ロイヤル・オペラハウス『田園の出来事』。共演ムッル。
◇6月 ボローニャ<マリファントの夕べ>
◇7月 日本公演『マノン』共演ロイヤル・バレエ。
◇9月 トリノ、11月パレルモ 両方とも<マリファントの夕べ>
◇10月 ミラノ・スカラ座『マノン』。共演ムッル。