ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2018.05.10]

『アレグロ・ブリランテ』『海賊』のハイライトなど多彩な演目──貞松・浜田バレエ団の「ラ・プリマヴェラ〜春」公演

貞松・浜田バレエ団「ラ・プリマヴェラ〜春」
ジョージ・バランシン;『アレグロ・ブリランテ』振付、貞松正一郎;『海賊』〜ハイライト振付(原振付;マリウス・プティパ)

2年に一度、春に行われる貞松・浜田バレエ団の「ラ・プリマヴェラ〜春」。コンサート形式で若手ダンサーにもそれぞれの個性に合わせた活躍のチャンスが与えられる公演だ。

osaka1805a_0141.jpg 『パ・ド・カトル』山口益加、角洋子、岩崎千里、池田光希
撮影:古都栄二(テス大阪)(すべて)

『パ・ド・カトル』で幕開け。タリオーニの山口益加を筆頭に、角洋子、岩崎千里、池田光希とフレッシュな若手までが、ロマンティック・バレエの柔らかな空気感を大切に品良く踊った。『フェアリー・ドール』は奥山祐香子、大門智、上山輝。大門と上山のテクニック、奥山のチャーミングな可愛らしさが良い。続く『ドン・キホーテ』のグラン・パ・ド・ドゥはベテラン、瀬島五月とアンドリュー・エルフィンストン。流石に華と風格を感じさせる踊り。宮本萌と名村空の友人ヴァリエーションはフレッシュな魅力があった。
漆原宏樹振付『ブラジレイラス』では、松尾珠里と武藤天華が憂いを持って表現。『バヤデルカ』の幻想の場のパ・ド・ドゥは村田絵里子と稲毛大輔。身長の高さを活かした村田の存在感大きな踊り、稲毛が落ち着いた演技力を発揮していたのも良かった。
そしてバランシンの『アレグロ・ブリランテ』。出演した10名のダンサーは全員が伸び盛りという感じで、軽さを感じる動きが心地よい。なかでも中心を踊った廣岡奈美と水城卓哉は踊る喜びが身体じゅうから溢れて本当に輝くよう。この作品に初めて挑戦するということで、もっとというところがあるにせよ、バランシン作品独特のおしゃれなニュアンス、抜け感のようなものも感じられて惹き込まれた。

osaka1805a_0202.jpg 『フェアリー・ドール』奥山祐香子、大門智、上山輝 osaka1805a_0596.jpg 『アレグロ・ブリランテ』廣岡奈美、水城卓哉
osaka1805a_0627.jpg 『アレグロ・ブリランテ』廣岡奈美、水城卓哉
osaka1805a_0807.jpg 『海賊』上山榛名、武藤天華

最後は貞松正一郎振付『海賊』〜ハイライト。全幕から踊りの見せ場を抜き出してコンパクトな中作品に構成。メドーラは上山榛名、天性の明るさかと思える笑顔がとても良い。高いテクニックを持ち、ダブルを入れたフェッテ・アントゥールナンも軸がまったく左右にぶれないのはさすが。アリの塚本士朗も気持ちの良い高テクニックを観せてくれた。コンラッドは武藤天華、全体を取り仕切るリーダーとしての役回りをベテランらしく。次の踊りを呼ぶような形の演出だったが、それが続くと、少し、全幕の時の奴隷商人ランケデムとイメージがだぶるような気がして、もっと堂々としたコンラッド像に演出されていても良かったかもしれない。オダリスクには、正木志保、山口益加、竹中優花、海賊たちのなかのソリストには佐々木優希とベテラン勢がしっかりと脇を固めていたのも印象に残った。
(2018年4月7日 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)

osaka1805a_0723.jpg 『海賊』正木志保、山口益加、竹中優花 osaka1805a_0739.jpg 『海賊』佐々木優希
osaka1805a_0901.jpg 『海賊』上山榛名、武藤天華、塚本士朗 撮影:古都栄二(テス大阪)