ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2016.09.12]
From Osaka -大阪-

ブカレスト国立オペラ座バレエで活躍した矢倉鈴奈プロデュースによるアーティスティック・バレエ・ガラ

矢倉鈴奈プロデュース「Artistic Ballet Gala 」
『And now , And here』お能とバレエのコラボレーション サイトウマコト:振付ほか

ルーマニアのブカレスト国立オペラ座バレエで活躍したバレリーナ矢倉鈴奈が、日本に戻り、縁のあるヨーロッパで活躍するダンサーたちを招いて行ったガラ公演。今回が初めての開催だ。日本で観る機会の少ないダンサーたちや演目に触れることのできる構成だった。演目ごとに踊りの前にスライドでダンサーと演目を紹介するなど、映像を効果的に使って進められた。

osaka1609d_03.jpg 『グラン・パ・クラシック』より
撮影:岸隆子(Studio Elenish)

オープニングに続いて最初に上演されたのは、エドワード・クルグ振付の『Tango』よりパ・ド・ドゥ。ブカレスト国立オペラ座バレエの奥野凜とロベルト・エケナが踊った。長い黒髪でセクシーに男性を魅了する奥野はとても格好良く、エケナも身体能力が高く引き込まれた。ミュンヘン国立歌劇場バレエの河野舞衣とポーランド国立歌劇場バレエのダーウィッド・チェンツェミエックの『グラン・パ・クラシック』よりグラン・パ・ド・ドゥは、河野の美しいスタイルでの華を持った踊り、ダーウィッドのアレグロの美しさが印象に残った。ブカレスト国立バレエの日高世菜のタンバリンを持った『エスメラルダ』のヴァリエーションはスケールの大きさを感じる踊り、同じくブカレストの吉田周平の『タラス・ブーリバ』よりゴパックのヴァリエーションは、爽快な大きなジャンプで会場から一際大きな拍手が湧いた。
主催の矢倉鈴奈とウィーン国立オペラ座バレエのデニース・チェレビチコは『ラ・シルフィード』よりパ・ド・ドゥ。チャーミングな眼で柔らかく優しい雰囲気の矢倉のシルフィードには、おだやかな魅力がある。デニースは昔、ウクライナのバレエ学校にいた時から足先が美しかったように記憶しているけれど、ブルノンヴィルの細かなパの足先がとても美しく、やはりさすが。続いて、『白鳥の湖』2幕よりをブカレスト国立バレエのビアンカ・フォタとロベルト・エケナをオデットと王子ジークフリート、ミュンヘン国立歌劇場バレエのジェームズ・リトルを悪魔ロッドバルトで。さすがにしなやかで自然な憂いあるオデット、王子もノーブルで自然。今回のガラの観客には初めてバレエを観る方々も多かったようで、バレエと言えば白鳥のイメージが強い中、一部とはいえ白鳥を観ることができたのは満足感に繋がったように思える。1部の最後はミュンヘン国立歌劇場バレエのイーヴィ・アミスタとキャピトル・バレエのアベティック・カラペチャンが『海賊』2幕よりグラン・パ・ド・ドゥ。大人の落ち着きを感じさせるイーヴィ、美しい筋肉で雄々しくダイナミックなアベティック。

osaka1609d_09.jpg 『ディアナとアクティオン』より
撮影:岸隆子(Studio Elenish)

そして、2部の最初は、サイトウマコト振付による『And now , And here』、お能とバレエのコラボレーションだ。観世流能楽師の上田拓司を中心に、ダーウィッド・チェンツェミエック、ニーナ・トリノ、アベティック・カラペチャン、イービィ・アミスタ、ロベルト・エケナ、矢倉鈴奈が踊った。能の世界のさまざまな制約もある中、向き合う上田とダーウィッドに始まり、東洋と西洋、静と動といった対比で、とても興味深い濃密な空気を持った作品に仕上がっていた。
続いて、日高と吉田が『ディアナとアクティオン』のグラン・パ・ド・ドゥを高度のテクニックを楽しませながら踊った。河野舞衣とジェームズ・リトルが踊った『If only I knew』は、Wlademir Faccioni振付で、レトロな柄ワンピース姿でアンニュイな雰囲気も感じさせつつコミカルな作品、日本で観る機会はなかなかないのではないかと思うが、また観てみたい作品だ。アベティック・カラペチャンが踊った『Les Bourgeois』は男声の歌に乗せて、お酒を飲んでゴキゲンな男性の踊り、表情豊かでとても楽しかった。『ジゼル』2幕よりパ・ド・ドゥは奥野の丁寧で思いを込めた踊り、ロベルトの美しい脚のラインが眼に残った。ビアンカとダーウィッドが踊った『Radio and Juliet』もエドワード・クルグ振付。鋭角的、シャープでキレのある動きが活かされた作品。ラストはウィーン国立オペラ座バレエのニーナ・トリノとデニース・チェレビチコの『ドン・キホーテ』3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ。とてもキュートなニーナのキトリ、加えて2人とも高度のテクニックを次々ととても楽しげに踊り、大いに盛り上がって幕を閉じた。
(2015年8月11日 NHK大阪ホール)

osaka1609d_10.jpg 『If only I knew』
撮影:岸隆子(Studio Elenish)
osaka1609d_11.jpg 『ジゼル』2幕より
撮影:岸隆子(Studio Elenish)
osaka1609d_13.jpg 『ドン・キホーテ』3幕より
撮影:岸隆子(Studio Elenish)
osaka1609d_04.jpg 『ラ・シルフィード』より 撮影:岸隆子(Studio Elenish) osaka1609d_06.jpg 『白鳥の湖』2幕よりナ 撮影:岸隆子(Studio Elenish)
osaka1609d_08.jpg 『海賊』2幕より 撮影:岸隆子(Studio Elenish) osaka1609d_0009.jpg 『And now,And here』 撮影: 小川峻毅
osaka1609d_0090.jpg 『And now,And here』お能とバレエのコラボレーション 撮影: 小川峻毅