ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2016.09.12]
From Osaka -大阪-

若手伸び盛りの荒瀬結記子と正富黎主演により、野間景改訂振付『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』

野間バレエ団
『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』ジャン・ドーベルヴァル:原振付、野間景;改訂振付

21年前に野間バレエ団の第3回記念公演で、フェルディナン・エロルドの曲をランチベリーの編曲によりオーケストラ演奏で上演した思い出の演目『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』。この時、主役リーズを踊った野間景が、今回は改訂振付を行った上演。主役リーズ&コーラスは、ともに3歳からこのスタジオでレッスンを続けてきた荒瀬結記子と正富黎。正富は現在、チェコのThe National Moravian-Silesian Theatreで活躍しているダンサーだ。

osaka1609b_2221.jpg リーズ:荒瀬結記子、コーラス:正富黎
撮影:古都栄二(テス大阪)

荒瀬のリーズは、バレエのパがとてもスムーズで美しいのはもちろん、穏やかで爽やかな魅力、本人の人柄がにじみ出ているのだろう。そして、正富のコーラスは伸びやかで、アラセゴン・トゥールなど、技にシャープさがあって良い。2人は、ここ数年、どんどん成長しているように感じられる。そして、リーズの母シモーヌは青木崇。ノーブルな王子などで定評のある彼の女装は、やはり美しく、だが、演技力もさすがで厳しいお母さんを自然に、絶妙な間も駆使しながら演じた。木靴の踊りも、後半になるにつれてどんどんノリノリに盛り上がって楽しませてくれた。また、アランの大門智も、コミカルでとても良い味を出していたのが印象的だった。
全体に楽しい演出でありながら、品を失わない舞台になっていることに、このバレエ団の特性が出ているようで、とても気持ちよく観ることができた。
(2016年7月23日 ソフィア・堺ホール)

osaka1609b_0587.jpg 荒瀬結記子
撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1609b_1181.jpg 荒瀬結記子、正富黎
撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1609b_1282.jpg 大門智
撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1609b_0071.jpg 井村祐介、安藤楓夏 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1609b_0390.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1609b_0414.jpg 正富黎 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1609b_0831.jpg 荒瀬結記子、青木崇 撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1609b_1251.jpg 青木崇 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1609b_8015.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)