ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2015.09.10]
From Osaka -大阪-

大阪の夏を彩ったグラン・パ・ド・ドゥ、ヴァリエーション、コンテンポラリー17作品、MRBバレエスーパーガラ

MRBバレエスーパーガラ
『PLAY─ジャック・ルーシェ』漆原宏樹:振付ほか、松田敏子:プロデュース

大阪の夏の恒例として定着してきたMRBスーパーガラ。17回目となる今回も、関西に縁のあるダンサーを中心に、東京や海外で活躍するダンサーも出演して多彩な演目が上演された。
幕開けは漆原宏樹がジャック・ルーシェの曲に振付けた『PLAY─ジャック・ルーシェ』。クラシック音楽をジャズ調にした曲に乗っての群舞。恵谷彰、中村美佳を中心に一定以上のレベルのダンサーたちによる群舞は、ショー的な楽しさもあってオープニングにぴったり。その後、クラシック・バレエのグラン・パ・ド・ドゥやヴァリエーション、コンテンポラリーや創作作品合わせて16作品、合計17作品が上演された。

osaka1509a_0343.jpg 『âme』玄玲奈、武藤天華
撮影:OfficeObana 尾鼻文雄(すべて)

特に印象に残ったものをいくつか挙げる。まず、玄玲奈がシベリウスの曲に振付けた『âme』。玄自身と武藤天華が踊ったこの作品は、研ぎ澄まされた動きで、静かに深く、自己、自分たちに向き合っているように感じられた。また、荒瀬結記子とチェコのカンパニーで活躍する正富黎が踊った『Absence of story』は島﨑徹の振付。ブラームスの曲に乗せて、喜びの時も悩みの時も……そんなさまざまな時を生きるカップルを様々なリフトも多用しながらなめらかな動きで表現した。振付の良さはもちろん、ダンサーも若手で伸び盛りであることが感じられ目を引いた。
『ゼンツァーノの花祭り』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは、前田奈美甫と恵谷彰。前田の清らかさで自然な演技、恵谷の好青年そのものといった雰囲気がとても合っていって、2人が軽く細かくこなすアレグロのパも鮮やか。主宰の松田敏子と小嶋直也は『白鳥の湖』第3幕より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥを、アダージオをチャイコフスキー・パ・ド・ドゥの曲、と、ブルメイステル版でも使っている音楽を使って2人のオリジナル振付で(監修を漆原宏樹)踊った。オディールが中央でポーズしているところから始まり、2人が自分たちに合う振りを考え創ったものがとても興味深かった。『ライモンダ』第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥは、楠本理江香と青木崇を中心にソリスト付きで。楠本は華やかさと大人の深みがあり、青木はダイナミックで軽さもある踊り、2人とも堂々とした重みを感じさせた。

osaka1509a_1068.jpg 『白鳥の湖』松田敏子、小嶋直也 osaka1509a_1169.jpg 『ライモンダ』楠本理江香、青木崇

『眠れる森の美女』第3幕よりオーロラのグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは、シュツットガルト・バレエで活躍した経験も持つ大野絵里奈と梶原将仁。可愛らしい子供たちも小姓役で登場した。優しい雰囲気のオーロラだった。竹中優花と武藤天華が踊ったのは漆原宏樹の新作『哀切─メロディー』。ラフマニノフの曲に乗せて、お遍路に出ることになった女性との別れを描いた作品だった。美しいラインを見せながら、何よりも経験を経たダンサーだから表せる心のひだを感じさせるものに仕上がっていた。
原田みのる振付『hallelujah』は、原田自身と福谷葉子が踊った。大きな布を使い、ワイルドな男性と華奢な女性がエキゾティックに踊る。“祈り”を感じる作品。『パリの炎』よりグラン・パ・ド・ドゥは松浦梨歩とロシアのエカテリングルグで活躍する寺田智羽が踊った。2人とも多回転のトゥールなどとてもテクニカルで、客席を沸かせた。
野間康子がストラヴィンスキーの曲に振付けた『マルグリットの手記』は、アルマン(山本隆之)が写真を抱きしめ、椿の花にほおずりするシーンから始まる。亡くなってしまったマルグリット(野間景)への想い。そこに、マルグリットが幻想のように現れ、あの楽しかった田舎暮らしの日々が蘇る。その後、他のシーンもポエムのように短い時間の中で表され、興味を引く作品に仕上がっていた。『グラン・パ・クラシック』よりグラン・パ・ド・ドゥは、法村珠里と清瀧千晴が、溌剌と華やかに。気負わず踊りを楽しむような雰囲気が良かった。
そしてラストは、長田佳世と中家正博の『胡桃割り人形』第2幕より金平糖のグラン・パ・ド・ドゥ。新国立劇場バレエ団プリンシパルの長田と、2015/2016シーズンから新国立劇場バレエ団に入団する中家、伸びやかで品のある踊りで、ラストの演目に相応しい風格を感じさせた。
(2015年8月2日 グランキューブ大阪)

osaka1509a_1507.jpg 『眠れる森の美女』大野絵里奈、梶原将仁 osaka1509a_1658.jpg 『哀別─メロディー』竹中優花、武藤天華
osaka1509a_2118.jpg 『グラン・パ・クラシック』法村珠里、清瀧千晴 osaka1509a_2294.jpg 『胡桃割り人形』長田佳世、中家正博
osaka1509a_0133.jpg 『PLAY─ジャック・ルーシェ』 撮影:OfficeObana 尾鼻文雄(すべて)