ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2015.08.10]
From Osaka -大阪-

良いダンサーが集った見応えある舞台──エリート・バレエ・スタジオの「World Dream」

エリート・バレエ・スタジオ「World Dream」
『眠れる森の美女』よりオーロラの結婚 中野光子・中野吉章:振付ほか

『タランテラ』で華やかに幕を開けた舞台「World Dream」。アメリカのピッツバーグ・バレエのプリンシパルの中野吉章をはじめ、世界中で活躍するダンサー、海外で踊った経験を持ち、現在、日本で活躍するダンサーなど実力派が集ってのコンサートだ。今回3回目を迎えるが、とても見応えのある舞台に仕上がっていた。
まず、二人とも高いテクニックでスケールの大きな踊りを見せてくれたのが大久保彩香と市橋万樹の『ダイアナとアクティオン』のグラン・パ・ド・ドゥ、続いては中野吉章と、同じピッツバーグ・バレエ・プリンシパルのアマンダ・コクレーンが踊った『ジゼル』第2幕よりパ・ド・ドゥ、柔らかく丁寧な、想いを込めた踊りが良い。『シルビア』の奥野唯は清らかで、それぞれのポーズがとても美しい、パートナー宮川新大の空中での甲の美しさも印象に残った。

osaka1508a_0304.jpg 『ダイアナとアクティオン』 osaka1508a_0405.jpg 『ジゼル』第2幕より
 撮影:Shinstyle 高田真(すべて)

コンテンポラリー・ダンスも興味深いものがあった。前田寛子振付の『Mement』は、アジアンな雰囲気を感じさせる20人の群舞、それだけ大人数でありながら、全員がプロだと納得させる視線の迫力に目が離せない、一人ひとりが意志を持ち、その上で表現していることを強く感じた。なかでも特に印象に残ったのは、エストニアやアメリカでのプリンシパル経験を持つ長田沙織。グイグイと観客を引き寄せるようなパワーが秀逸だった。中野吉章がBrian Crainの曲に振付けた『Time Fogotten』は男女のパ・ド・ドゥ、ベルギー、フランダース・ロイヤル・バレエの田中愛子と元香港バレエ団の高比良洋がよくコントロールされた身体で詩的な魅力を持って踊った。Dianne Talbot振付の『Feeling Good』はサロペットパンツでボーカル付のジャズに乗ったショーダンスのような作品。ジョフリー・バレエのアーロン・スミスがニコニコととてもチャーミングに楽しませてくれた。新井誉久がバッハの曲に振り付けた『MovementⅢ』は、上杉真由、長田沙織、原野早也佳、市橋万樹、中野吉章、新井誉久と実力あるダンサー3カップルで。そんなさまざまな作品を楽しんだ第1部のラストは中野光子振付のハープとのコラボレーションで、ジュニアたちが初々しく踊って締めくくった。

osaka1508a_0718.jpg 『Mement』 osaka1508a_0800.jpg 『Time Forgotten』
osaka1508a_0895.jpg 『Movement III』 osaka1508a_8131.jpg 『ハープとコラボ作品』

第2部は、『眠れる森の美女』よりオーロラの結婚。オーロラ&王子はアマンダ・コクレーンと中野吉章。気品と優雅さ、華やかを感じさせるアマンダの踊りは、まさに“お姫様”。王子の中野も伸びやかなテクニックで盛り上げた。フロリナ姫の前田奈美甫のピュアで優しい雰囲気、丁寧な踊りにも好感が持て、ブルーバードのアーロン・スミスの踊る喜びが身体じゅうから溢れるような魅力とともに、こちらのグラン・パ・ド・ドゥにも惹きつけられた。
(2015年6月21日 大阪狭山市文化会館 SAYAKAホール)

osaka1508a_1419.jpg osaka1508a_1602.jpg
osaka1508a_1468.jpg osaka1508a_1648.jpg
『眠れる森の美女』よりオーロラの結婚 撮影:Shinstyle 高田真