ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2015.01.13]
From Osaka -大阪-

悲劇のヒロインが似合う石塚あずさのオデット、"香り"を漂わせる井澤照予のオディール

宮下靖子バレエ団
『白鳥の湖』深川秀夫:振付

今年の宮下靖子バレエ団クリスマス公演は、深川秀夫振付の『白鳥の湖』。このバレエ団が深川の『白鳥の湖』を上演するのは3回目、フレッシュなキャストでの上演となった。

osaka1501a_0441.jpg 石塚あずさ、楊在恒 撮影:岡村昌夫(テス大阪)

今回が主役デビューとなったオデット役の石塚あずさは、昨年のローザンヌ国際バレエコンクールに出場、その折、父がスイス人のハーフということもありネットNewsなどでも注目されたそうだ。彼女のオデットは、恵まれた長い手脚を活かし、持って生まれたものかと思える優しげな叙情性を漂わせて悲劇のヒロインにぴったり、ぜひ、その良さを大切に成長して行って欲しいと思わせるものだった。王子も初役の楊在恒、ベストなコンディションではなかったようだが、王子らしい高貴な雰囲気が漂い、役割を果たしていた。

osaka1501a_0936.jpg 井澤照予、楊在恒
撮影:文元克香(テス大阪)

そして、オディールは井澤照予。舞台経験を着実に積み重ねてきている彼女、大きな存在感を持ってオディールを踊りきった。この版では、オディールは全編を通して登場するのだが、その所々を引き締めた効果は大きい。邪悪な雰囲気はあまり感じられなかったのだが、伸び伸びとして独特の“香り”を持った踊りがとても魅力的で、王子がその魅力に愛を誓ってしまうことが素直に納得できた。こういうオディールもありだろう。
清潔感を感じさせる吉田旭と大塚馨、木村菜穂、松本亜美、松尾ミチルによるパ・ド・サンク、王子の従妹という役で1幕のコール・ド・バレエを率いて踊った伊東葵、演技派で踊りの迫力もあるロッドバルトの梶田眞嗣など、ソリストたちも、それぞれ見応えがあった。
また、深川作品独特の動物的な白鳥たちのコール・ド・バレエが、クラシック・バレエの基礎を大切にしながらもこの振付独特の迫力に溢れていて引き込まれた。このバレエ団は年々、全体としての総合力が増していると思う。
(2014年12月14日 びわ湖ホール大ホール)

osaka1501a_1045.jpg 石塚あずさ、楊在恒、井澤照予、梶田眞嗣
撮影:文元克香(テス大阪)
osaka1501a_1133.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1501a_0119.jpg 伊東葵 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1501a_8067.jpg 撮影:岡村昌夫
osaka1501a_0906.jpg 『井澤照予、楊在恒、梶田眞嗣
撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1501a_0637.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1501a_0393.jpg 『白鳥の湖』撮影:岡村昌夫(テス大阪)