ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2014.11.10]
From Osaka -大阪-

天性の華が感じられた安積瑠璃子のメドーラ──大阪バレエカンパニー『海賊』

大阪バレエカンパニー
『海賊』田上世津子:再振付、K.M.セルゲイエフ:原振付

この舞台でもっとも強く印象に残ったのは、なんと言っても、メドーラを踊った安積瑠璃子。存在感があり、天性のものだろうか、舞台全体を輝かせるような華がある。長い手脚を活かして伸び伸びと、パシャ(岩本正治)とのコミカルなやりとりも堂々として表情豊かで、良いダンサーとして一舞台ごとに成長していることをつくづく感じた。パートナー、コンラッド役はアンドリュー・エルフィンストン、優しげで海賊の首領という雰囲気は少々弱い気もしたが、安積と二人ともが高身長でバランスが取れており、パ・ド・ドゥなどがスケールの大きな踊りになっていたのは良かった。

osaka1411d_11043.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)

ギュリナーラは大川杏菜。1幕のグラン・パ・ド・ドゥ、ランケデムの青木崇と踊る部分では、奴隷としての哀しみと強さを同居させた演技を見せ、ヴァリエーションでは、その運命の中でつかの間一人で踊れることを喜ぶような笑顔を見せた。それはこのヴァリエーションの曲調にも合っており、とても良かった。ランケデムの青木もさすがで、幕開け(今回の演出は幕があくと奴隷市場の場面)の鮮やかなトゥールで観客を引きこみ、その後もテクニックと演技の両面で舞台をひっぱっていた。

テクニックと言えば、ビルバントの上月佑馬も、ピストルを持った勇壮な踊りで楽しませてくれた。また、若手ソリストたちのオダリスク(小畑裕華里、小城実央、西川桜子)、先輩格のダンサーたちがキャラクターダンスの魅力を見せた女海賊の踊り(高木志保、小澤侑貴子、堀端三由季)など、脇を固めたダンサーたちも一定のレベル以上で、踊りの魅力で繋いで魅せる舞台に仕上がっていた。
(2014年10月3日 八尾・プリズムホール)

osaka1411d_10234.jpg 大川杏菜、青木崇 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1411d_10299.jpg 安積瑠璃子、岩本正治 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1411d_10466.jpg 安積瑠璃子、アンドリュー・エルフィンストン、
アンドレイ・クードリャ 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1411d_10606.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1411d_10790.jpg 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1411d_10835.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1411d_8029.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1411d_10138.jpg 小畑裕華里、小城実央、西川桜子
撮影:岡村昌夫(テス大阪)