ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2014.10.10]
From Osaka -大阪-

楠本理江香の情感溢れるオデットと優れたテクニックのオディール、深川秀夫振付『白鳥の湖』

本田道子バレエ団
『白鳥の湖』深川秀夫:振付、マリウス・プティパ、レフ・イワノフ:原振付

財団法人格を取得し、一般財団法人本田道子バレエ団としてスタートした第一回公演が、フェスティバルホールで行われた。演目は、深川秀夫版の『白鳥の湖』。オデット&オディールは、バレエ団のプリマで、バレエ協会関西支部の公演でも主役経験豊富な楠本理江香。王子はワディム・ソロマハが踊った。

osaka1410c_2528.jpg

楠本は予想以上に良く、オデットでは情感が溢れるよう、強さとたおやかさが同居して惹き込まれたし、オディールでは、スパッと潔い動きに感情の変化が感じられ、フェッテ・アン・トゥールナンではダブルを入れるなど高テクニックも見せて楽しませた。その二役の踊り分けはなかなかのものだったと思う。特にオデットで想いを観客に感じさせるというのは、とても難しいこと、これだけ出来る彼女にはさらに磨き、深めていって欲しいと思う。王子のソロマハも演技、テクニックともにさすが、3幕のコーダでの空中での時間がとても長く感じられるジャンプが特に印象に残った。
また、このヴァージョンはロットバルトも踊りの見せ場が多く、それを梶田眞嗣がよくこなしていたのも印象的。深川演出は、1幕に王子の友人(麻生川薫、窪田弘樹)が登場してコール・ド・バレエの中心で踊ったり、通常のパ・ド・トロワが、女性4人に男性1人のパ・ド・サンク(松本真由美、逸見澄子、平林万里、木岡多真美、吉田旭)になって、ヴァリエーションに輪唱のような振りが取り入れられていたり、3幕の花嫁候補がディヴェルティスマンのそれぞれの国の王女という設定だったり、とさまざまな特徴がある。なかでも、特に印象深いのは、白鳥のコール・ド・バレエの振付だ。両腕を後ろに頭を低く下げるなどの特徴的な動きで、とても動物的。4幕でロッドバルトに集団で挑みかかる様はとても迫力があった。若いダンサーも多い、現在のこのバレエ団のコール・ド・バレエによく合っていたと思う。
(2014年8月22日 フェスティバルホール)

osaka1410c_1915.jpg osaka1410c_2029.jpg
osaka1410c_2519.jpg osaka1410c_2547.jpg
osaka1410c_9698.jpg 撮影:尾鼻文雄(すべて)