ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2014.10.10]
From Osaka -大阪-

イリ・キリアン振付『小さな死 』の日本人による日本初演と4つの新作──貞松・浜田バレエ団

貞松・浜田バレエ団
『ピアノ・ブギ・ウギ』貞松正一郎:振付、『TWO』中村恩恵:振付、『Re-self』三浦宏之:振付、『Fashion Nightmare』藤井泉:振付、『小さな死 』イリ・キリアン:振付

今年の貞松・浜田バレエの創作リサイタルは、とても見応えのある舞台だった。バラエティに富んだ4つの新作初演とイリ・キリアン振付の『小さな死 』の日本人による日本初演。それぞれ違ったタイプの作品であるとともに、どれもが一定のレベル以上の仕上がりで、あっという間に終演時間を迎えた満足感のある公演だった。

osaka1410b_01.jpg 『ピアノ・ブギ・ウギ』撮影:古都栄二(テス大阪)

まず、幕開けは、貞松正一郎がレ・フレールの曲に振付けた『ピアノ・ブギウギ』。女性たちは黒いトウ・シューズで、クラシックのパを活かした華やかなダンス。上村未香と貞松正一郎の丁寧で優しい雰囲気のパ・ド・ドゥも良かった。
続いては中村恩恵の新作『 TWO』、老婆が若い未亡人の時の黒づくめのまま、亡き夫の好きだった野の花を墓に飾ろうと探していて、横たわる男につまづく・・・。ベケットの『ある夜』という詩の中で語られる物語から想を得て振付けられた作品。小田綾香と堤悠輔が踊った。おだやかで静かな、言葉では表せないものがじかに伝わってくるようなダンスだった。
3つ目は三浦宏之振付のこれも新作『Re-self』、11人のダンサーによるスタイリッシュな群舞と、ホリゾントに映し出される“自分探し?”と思える言葉の数々。“自分”に向かう、今、この時代らしい作品だと感じた。
4つ目は藤井泉振付、新作『Fashion Nightmare』。堤悠輔が自らのファッション感を語る、とにかく彼がずーっと話し続ける周りで、群舞が独特の脱力感を持ちながらよく動く。“ヘン”、“コミカル”、だけどおふざけとは違う、思わずクスッと笑ってしまうところがたくさんあるユニークな作品だった。

osaka1410b_11.jpg 『小さな死』撮影:古都栄二(テス大阪)

そしてラストはイリ・キリアンの『小さな死』。これは、ガラなどで海外のスターによって部分が上演されることがあったり、海外バレエ団が日本で上演したこともあるようだが、日本人による日本での上演は初めて。中村恩恵、コーラ・ボス・クルーセの指導のもと上演された。サーベルを持った男性たちの踊り、大きな黒い布を使った迫力ある前半から始まり、モーツァルトによる優しく繊細なピアノ曲に乗ってさまざまな男女のパ・ド・ドゥが踊られる。正木志保と塚本士朗、川﨑麻衣と堤悠輔、廣岡奈美と武藤天華、竹中優花と水城卓也、上村未香と幸村恢麟、瀬島五月とアンドリュー・エルフィンストンと6カップルそれぞれが、それぞれの個性を持ちながら、静かで心にしみ入る踊りを見せてくれた。終わったときは「あれ、もう終わり?」という感じで、もっともっと観たい、心地よい作品だった。
(2014年9月13日  神戸文化ホール中ホール)

osaka1410b_03.jpg 『ピアノ・ブギ・ウギ』撮影:田中聡(テス大阪) osaka1410b_06.jpg 『ピアノ・ブギ・ウギ』撮影:田中聡(テス大阪)
osaka1410b_07.jpg 『TWO』撮影:田中聡(テス大阪) osaka1410b_08.jpg 『Re-self』撮影:田中聡(テス大阪)
osaka1410b_10.jpg 『Fashion Nightmare』撮影:田中聡(テス大阪) osaka1410b_19.jpg 『小さな死』撮影:田中聡(テス大阪)
osaka1410b_18.jpg 『小さな死 』撮影:田中聡(テス大阪) osaka1410b_14.jpg 『小さな死』撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1410b_15.jpg 『小さな死』撮影:古都栄二(テス大阪)