ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2013.09.10]
From Osaka -大阪-

優しく細やかな女性らしい演出・振付で踊られた野間バレエ団『コッペリア』

野間バレエ団
『コッペリア』野間景:演出・振付

今年の野間バレエの公演は『コッペリア』。野間景は出演せず、演出・振付に専念しての舞台だった。最初幕前に、絵を描く小さな少年(大山桃暖)と、人形を抱いた少女(青木ヴィクトリア)が登場、人形に筆を向けようとする少年が後のコッペリウスだろう。コッペリウスが人形を作るようになるきっかけ、そういう性格の少年だった──といったことを観客に伝えるオリジナリティのある演出。

osaka1309a_0061.jpg 撮影:中原健吉(テス大阪)

主役スワニルダ&フランツは、原田千弘と武藤天華。原田は1幕では堅さも見えたが、2幕、3幕と進むにつれてイキイキとして来て、表情豊かで魅力的に。踊りも打つパなどがシャープで、3幕では美しいラインも見えて良かった。武藤は、何度もこの役を踊っているダンサー、さすがに似合う。王子や貴公子とは違うちょっといたずらっ気のある青年をチャーミングに表現していた。
脇で特に印象に残ったのは、まず、コッペリウスの北村俊介。誰が演じるかによって随分全幕の印象が変わる重要な役だが、北村の演技はとても自然で物語にいつのまにか引き込んでくれる、という感じ。また、第2幕の結婚式の場面で道化(結婚の音楽で踊られた)を踊った正富黎のフレッシュなテクニックを活かした踊りが印象に残った。彼はアントワープのバレエ学校に留学していたそうで、この秋からプロとしてポーランドのバレエ団で踊るのだという。これからの成長が楽しみなダンサーがまた一人増えた。
(2013年7月15日 堺市民会館 大ホール)

osaka1309a_1110.jpg 撮影:片岡留美(テス大阪) osaka1309a_0414.jpg 撮影:片岡留美(テス大阪) 
osaka1309a_0565.jpg 撮影:中原健吉(テス大阪) osaka1309a_1159.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1309a_0761.jpg 撮影:中原健吉(テス大阪) osaka1309a_0684.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1309a_8020.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)