ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2013.07.10]
From Osaka -大阪-

広瀬舞奈の『眠れる森の美女』と『ドン・キホーテ』のグラン・パ・ド・ドゥが印象に残った

KMバレエスタジオ
『眠れる森の美女』『ドン・キホーテ』ほか国田美和:演出・振付

2年ぶりにKMバレエのコンサートを観た。成長が感じられるジュニアたちが何人もいて、それぞれの持ち味、個性といったものが活かされた上で踊っていて楽しめた公演。

osaka1307c_04.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)

特に印象に残ったのは広瀬舞奈。恵谷彰をパートナーに踊った『眠れる森の美女』第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥでは、優しげで清楚、やわらかく落ち着いた感じで、パも丁寧だった。
そして『ドン・キホーテ』より夢の場のドルシネア姫では、『眠れる森の美女』と同様にお姫様の役ながら、また違った華やかさが見えて、踊り分けもできることを実感。クセなく素直であどけなさも残る彼女、これからのさらなる成長を期待したい。また、中瀬恵子は『CARMEN』で、女性らしくほのかに妖艶さを持った魅力を見せてくれた。いつも丁寧で少し控えめな雰囲気で踊ることが印象に残っていた彼女なので、意外な魅力が垣間見られた。

そして、主宰の国田美和は、ラスト『ドン・キホーテ』第3幕で高岸直樹をパートナーにキトリを踊った。踊ることが楽しくて仕方がない、そんな喜びが強く表されたキトリ。シャープで、粋で、伸び伸びと、テクニックも高く、スパッと決まる気持ちの良い踊りだった。高岸、国田ともにベテランらしく、客席へのアピールも余裕が感じられ、あざやか。客席にいたバレエを観ることに慣れていない人も含め、誰もを引き込む踊りだったと思う。本当に国田にはキトリが似合うことをあらためて実感した。
(2013年6月2日 大阪国際交流センター 大ホール)

osaka1307c_01.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1307c_02.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1307c_03.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1307c_05.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1307c_06.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1307c_07.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)