ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2013.05.10]
From Osaka -大阪-

関西バレエ界の重鎮も出演した、懐かしい赤松優による『くるみ割り人形』

赤松優バレエ学園
演出・振付:赤松優

第40回の節目ということで、赤松優が大屋政子バレエ団時代に毎年上演し、中国の北京舞踏学院で演出・振付・出演もした思い出の作品である『くるみ割り人形』を上演した。
1幕のパーティの場面には、客人の中に赤松自身とともに原田高博、佐伯茂と関西の重鎮と言えるバレエの先生方が混ざり豪華。
昔よく上演したものにほぼ準じた演出らしく、休憩中のロビーでは、「懐かしい」という声があちらこちらで聞こえて来た。クララを踊ったのは梅澤喜恵、華のある笑顔が良く、踊りにクセががなくてこれからが楽しみ。金平糖の女王&王子は矢野陽子と沖潮隆之。矢野の一つひとつのパを大切にしたていねいな踊り、沖潮の優しげなサポートが印象に残った。また、2幕お菓子の国のなかに小学生くらいの子どもたちが踊る「わた菓子」という踊りが挿入されているといったこの団体独自の工夫も見えた。
(2013年3月23日 兵庫県立芸術文化センター・阪急中ホール)

osaka1305c_1146.jpg 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1305c_1824.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1305c_1053.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1305c_1091.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1305c_1237.jpg 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1305c_8034.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)