ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2013.02.12]
From Osaka -大阪-

宮下靖子バレエ団が深川秀夫振付『火の鳥』『ガーシュイン・モナムール』を上演

宮下靖子バレエ団
『火の鳥』『ガーシュイン・モナムール』芸術監督:宮下喜久子、深川秀夫:演出・振付

毎年、クリスマス時期に京都会館で公演を行っている宮下靖子バレエ団。今年は、京都会館が改修工事中ということで、びわ湖ホール中ホールを会場に公演を行った。上演されたのは深川秀夫の2作品で、『火の鳥』と『ガーシュイン・モナムール』。
まず、『火の鳥』だが、イワン役の大寺資二がベテランらしく安心感のある踊りを見せてくれたのはもちろん、タイトルロール・火の鳥を踊った井澤照予に、やはり目を奪われた。これまでの井澤のイメージというとピュアで優しく女の子らしい繊細さ……という気がするのだが、今回はまったく違う魅力を見せてくれた。キリッとした鋭角的な動き、そのなかに高貴な鳥の本来の優美さのようなものが見えて、新しい彼女の魅力の一端を見たような気がした。
後半、『ガーシュイン・モナムール』は、モーツァルトの「ピアノ協奏曲第2番」に乗せてシルフィードのようなロマンティック・チュチュの妖精たちが踊る……と思うと、そのチュチュを脱ぎ捨てカラフルな衣装になった妖精たち(?)が、ガーシュインの世界で楽しげに踊るという深川らしいおしゃれな可愛らしさプラスコミカルさが満喫できる作品。
井澤をはじめとして、疋田磨野、伊東葵、木村菜穂、大塚馨、それに男性の楊在恒、吉田旭といったソリストたちは、一定のレベル以上の実力を持った上でそれぞれの個性を見せて良かった。この作品の本番途中に楊在恒がケガをしてしまうというハプニングがあったのだが、『火の鳥』で出番を終えていた大寺資二が急遽代役を踊り舞台は問題なく進行。大寺はこの作品を何度も踊っているが、いつもは吉田旭が踊ったパート、だが、問題なくこなしてさすが。楊の早い回復も祈りたい。
両作品とも、松浦眞也の照明がそれぞれのシーンを効果的にいろどり、幻想のなかに誘ってくれたのも良かった。
(2012年12月21日 びわ湖ホール中ホール)

osaka1302a_110.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪) osaka1302a_0733.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪)  osaka1302a_2392.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1302a_0220.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1302a_0259.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1302a_0877.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪)  osaka1302a_0952.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)