ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.12.10]
From Osaka -大阪-

バレエと大阪の誇り、文楽の夢のコラボレーションが実現した

関西・大阪21世紀協会
アート・アセンブリー2012 文楽 meets バレエ、地主薫:演出・振付

大阪市の補助金問題などで話題が高まっている文楽。その文楽とバレエのコラボレーションが実現した。おそらく、世界初の試み。いや、文楽は日本の芸術、大阪の誇る芸術だから、“おそらく”というよりも、確かに世界初だろう。今年、地主薫バレエ団の『コッペリア』が大阪文化祭奨励賞を受賞したのをきかっけに企画されたもので、関西の財界人等に向けての催し。普段のバレエではあり得ない、男性客の方が多い客席が印象深い。だが、こういう忙しい方々にバレエの魅力を知っていただきたいと常々私は思う。

osaka1212f_03.jpg 提供 関西・大阪21世紀協会

まず最初に上演されたのは、『くるみ割り人形』第2幕より、安井遥子のチャーミングなクララ、ノーブルな奥村康祐の王子。そして金平糖の女王は奥村唯、彼女、観るたびに優雅さが増していることをつくづく感じ、これからがさらに楽しみだ。続いて、文楽の豊竹咲甫大夫と鶴澤清志郎による『ひらがな盛衰記 逆櫓の段』をはさみ、最後に文楽&バレエ『大蛇退治(おろちたいじ)』。おなじみの、やまたのおろち退治の物語だが、近松門左衛門作で、享保3年2月に大阪竹本座で初演された『日本振袖始』の五段目にあるのだという。豊竹咲甫大夫の語り、鶴澤清志郎の三味線に乗せてのバレエ。稲田姫を高田万里、素戔鳴尊を奥村康祐が踊り、大蛇は渉将人を中心に地主薫バレエの男性ダンサーたち。決して、踊りやすい条件の床ではなかったと思うのだが、高度なテクニックも見せての巧みな構成で観客を惹きつけた。
日本の古典とのコラボレーションは、一歩間違うと、おかしなものになるので、本当に難しいと思う。だが、今回の地主薫の演出は、文楽への尊敬を持った上で、バレエの高い技術を伴ってセンス良くまとめ、観客を大いに楽しませるものに仕上がっていた。
(2012年11月12日 クラブ関西)

osaka1212f_01.jpg 提供 関西・大阪21世紀協会 osaka1212f_02.jpg 提供 関西・大阪21世紀協会ン
osaka1212f_04.jpg 提供 関西・大阪21世紀協会 osaka1212f_05.jpg 提供 関西・大阪21世紀協会