ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.12.10]
From Osaka -大阪-

マリインスキー劇場のイワンチェンコと安積瑠璃子、山下摩耶が共演した『バヤデルカ』

大阪バレエカンパニー
『バヤデルカ』田上世津子:振付、ワジム・シローチン:振付・監修

今回の大阪バレエカンパニー公演は『バヤデルカ』。振付・監修にワジム・シローチン、主役ソロルにマリインスキー劇場からエフゲニー・イワンチェンコを招いての上演。ニキヤは安積瑠璃子、ガムザッティに山下摩耶。シローチンは大僧正として出演もした。

osaka1212a_2076.jpg 撮影:岡村昌夫

まず、1幕で登場するニキヤとソロル。安積の大きな瞳、華やかで明るい溌剌とした表情には、恋人と過ごす幸せな気持ちがあふれていて良かったのだが、寺院の舞姫で普通の少女のような自由の身ではないことを考えると、くったくがなさすぎかもしれない。もう少し抑えた表現の方が良かったのかもと思う。とはいえ、彼女は日本人としてはかなり長身、すらっとした長身のイワンチェンコと踊って違和感なく、そのスタイルを活かしたクラシック・バレエの美しいラインを見せてくれたのは、とても良かった。
ベテランであるイワンチェンコは、さすがにノーブルで、テクニックもほとんど衰えを見せない。
2幕、華やかな踊りが次々と繰り広げられる。黄金の銅像の動きが良いなと思ったら、青木崇。また、壺を持った踊りのマヌは大西明音、とても表情豊かで歌うように楽しそうな踊りでひきこまれた。
ガムザッティの山下摩耶は、何度も大役を経ているだけあって、テクニックに不安なく、自然で堂々とした踊り。そして、このシーンのクライマックス、ニキヤの蛇の踊りは感情表現が大きく、想いが込もっていた。
3幕、影の王国、ニキヤとソロルは、さらに身体を大きく使った美しいラインの踊りで、シャープさや崇高さもともなって、クラシック・バレエの白の世界だからこその魅力を見せてくれた。また、小澤侑貴子、高木志保、堀端三由季、3人のソリストたちのヴァリエーションもそれぞれ一定のレベル以上の出来で、見応えがあり良かった。
(2012年10月20日 八尾市文化会館プリズムホール)

osaka1212a_0183.jpg 撮影:岡村昌夫 osaka1212a_0439.jpg 撮影:岡村昌夫
osaka1212a_0583.jpg 撮影:岡村昌夫 osaka1212a_0726.jpg 撮影:岡村昌夫
osaka1212a_0848.jpg 撮影:岡村昌夫 osaka1212a_2487.jpg 撮影:岡村昌夫