ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.09.10]
From Osaka -大阪-

苫野美亜と恵谷彰が中村恩恵振付の『The Well-Tempered』を踊った

山口けい子バレエスクール
構成・演出・振付:山口けい子、コンテンポラリー作品振付:中村恩恵『The Well-Tempered』

はじめて、山口けい子バレエスクールの舞台を観た。きっかけは、このスクール出身で現在、中村恩恵の「Dance Sanga」に所属する苫野美亜が、恵谷彰をパートナーに、中村振付の『The Well-Tempered』を踊るということから。

osaka1209g_0246.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)

苫野は、昨年、兵庫県洋舞家協会の舞台で森優貴振付のコンテンポラリー作品『Flying Zero』で中心的なパートを踊った時にも印象に残っているダンサーだ。『The Well-Tempered』は、2008年に大阪の野間バレエで若いダンサーたちが踊る群舞作品として中村が振付けたものを、翌年、元・ライプチィヒ・バレエの木村規予香などのプロダンサーとともに上演すべく改訂。この折に中村と首藤康之が踊ったパートを、今回、苫野と恵谷が踊った。もともと、“Well-Tempered”という言葉は音楽用語で、ひとつの純粋な音程を保とうとすると他の音程を純粋に保つことができないという矛盾を解決しようとする方法と聞く。それを社会の中の人間関係に重ね合わせて創られた作品だ。今回の舞台を観ていて、2人のスーッと繋がるような動きのそれぞれの部分に意味を感じ、おだやかで、それでいて心地よい緊張感のある踊りに引き込まれた。2人が並び共に歩み出す姿には、何があっても通じ合えるだろうという“希望”が感じられた。
他に、バレエコンサートでは、教師としても活躍する清川留三子と檜山和久の、大人の魅力を感じさせる『ライモンダ』のグラン・ド・ドゥをはじめとして、さまざまなクラシックからの踊りが上演され、ラストは、『眠れる森の美女』からプロローグと第2幕と第3幕。オーロラ姫&デジレ王子はゲストの渡部美咲と齊藤拓。渡部のオーロラは、体は少女のように華奢なのに、きちんと大人の落ち着きや品の良さを持っていて、とても良い。齊藤のデジレも王子らしい品位が感じられるものだった。フロリナ王女と青い鳥の中谷奈央と恵谷彰も、柔らかみを持った中谷の踊り、吸い付くようなスーブルソーが眼に残る踊りの恵谷と、とても印象に残った。パ・ド・ドゥ指導は谷桃子バレエ団団長の赤城圭が行っての舞台だった。
(2012年7月25日 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)

osaka1209g_0291.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪) osaka1209g_0874.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1209g_0882.jpg 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1209g_0829.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪)
osaka1209g_1362.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪) osaka1209g_1370.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪)