ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.09.10]
From Osaka -大阪-

深川秀夫『グラズノフ・スウィート』樫野隆幸『コッペリア』など活気溢れる舞台

蔵本誠子バレエスクール
振付:深川秀夫『グラズノフ・スウィート』、樫野隆幸『コッペリア』

今年45周年を迎えた蔵本誠子バレエスクールの舞台は、数々のヴァリエーションやグラン・パ・ド・ドゥから、深川秀夫振付の『グラズノフ・スウィート』、樫野隆幸振付の『コッペリア』全幕と盛りだくさんな構成。最近、各コンクールの1位をはじめとする入賞者が出る例が多い団体で、今回の舞台もそれを感じさせる伸び盛り特有の前向きなエネルギーが溢れた舞台だった。

osaka1209f_2561.jpg 撮影:株式会社ジェイ・ブイ・エス

特に眼を引いた作品を挙げていこう。まず、太田朱音と水城卓哉が踊った『眠れる森の美女』第3幕より青い鳥のグラン・パ・ド・ドゥ。太田は首が長く恵まれたスタイルに優しい雰囲気、やわらかく丁寧な踊りで好感が持てた。聞いてみると、大阪プリ・コンクールのスカラシップで、この後1年間ワガナワ・バレエ学校へ留学予定なのだという。どんな風に成長するかとても楽しみだ。パートナーの水城も高いテクニックも優しげな表情もとても良かった。

ヴァリエーションでは、多回転(もしかして4周?)のピルエットなど高度なテクニックを観せた伊藤真理子の『エスメラルダ』よりヴァリエーション、小柄なのにとても脚が長く、着地の美しいジャンプの末田もも花のダイアナのヴァリエーション。それに、今年のこうべ全国洋舞コンクールで1位の時にもフワッと夢見るような表情が魅力的だったことが記憶に残る杉浦優妃の金平糖のヴァリエーション、華があって大人の落ち着きも感じさせる中澤舞の『パキータ』よりエトワールのヴァリエーション。男性も、誠実な魅力の喜連歩の『白鳥の湖』より王子のヴァリエーションや、多回転などの高テクニック、伸び伸びとした表情が魅力的な西川啓輔の『ドン・キホーテ』よりバジルのヴァリエーションなど魅力的なものがたくさんあった。

また、深川秀夫振付の『グラズノフ・スウィート』は、私はこの作品をいろいろなところで観ているのだが、そのなかでも良い出来だったと思う。ソリストの女性達が、それぞれの魅力を持って楽しませてくれた。中心で踊った谷口実香が大人だからこそ出せる妖艶さや憂いを含んだハンガリー風の魅力を見せたのはもちろん、久しぶりに観て印象に残ったのはオーストラリア留学から日本に戻っている杉内里穂の踊り。優しく素直で、自然に香りたつものがある。彼女には、この後もっともっと活躍して欲しいと、心から思った。

そんな杉内が1幕と2幕のスワニルダを演じての『コッペリア』も、素朴な女の子の魅力が出ていて良かった。人形ぶりのシーンを東馬場奈奈美がコミカルに、そして3幕は中澤舞が結婚式らしい優雅さもともなってと、3人で踊り分ける演出での全幕だったのだが、フランツの武藤天華がちょっと浮気性のキャラクターをコミカルさをもって好演、また演出の樫野隆幸自身がコッペリウスを演じて楽しめる舞台に。樫野のコッペリウスは格好良く、変人というにはもったいないような・・・、それに家の鍵は、少年達に襲われるわけでなく、単にうっかりと落とすという優しいストーリー。とにかく、全体を通して成長が楽しみなダンサーが多く、それぞれの踊りに見応えがあって良かった。
(2012年8月12日 いたみホール)

osaka1209f_3632.jpg osaka1209f_3686.jpg
osaka1209f_3931.jpg osaka1209f_4067.jpg
osaka1209f_4994.jpg osaka1209f_3866.jpg
(すべて)撮影:株式会社ジェイ・ブイ・エス