ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.08.10]
From Osaka -大阪-

室尾由紀子、法村圭緒が海外組と踊った『白鳥の湖』全幕

バレエ・エトワール
演出・振付:境田公美『白鳥の湖』

奈良の学園前を拠点に境田公美が主宰するバレエ・エトワールの舞台。まずはじめにコンサートとして、いくつかのクラシックのパ・ド・ドゥと、室尾由紀子や迫田奈美が振付けたオリジナル作品が上演された。それぞれの作品に独自の工夫があって興味深く楽しめた。

osaka1208a0207.jpg 撮影:Shin STYLE

そして、この舞台のメインは『白鳥の湖』全幕。オデット&オディールは室尾由紀子、王子は法村圭緒。ロッドバルトがアメリカのピッツバーグ・バレエシアターの中野吉章、ピエロがセルビア国立劇場の住友拓也、パ・ド・トロワの男性に新国立劇場の奥村康祐と、海外からバカンスで帰国するダンサーの多い季節らしい充実したキャスティング。
白いワンピース姿のオデットがロットバルトにとらえられ、羽が生えて・・・というプロローグから始まる。法村圭緒の王子は、パの美しさはもちろんだが、さすがに細かい心情の変化まで演技がスムーズで、品位も感じられて良い。住友拓也はコメディタッチなしぐさがとても楽しく、そしてテクニカル、奥村康祐と三上由起子、境田カレンのパ・ド・トロワもそれぞれの個性を出しながら楽しげにスムーズに踊っていて良い感じ。中野吉章のロッドバルトも大きなジャンプなど活き活きとしたものが感じられた。
そして何より、室尾由紀子のオデット&オディールが想像以上に素晴らしかった。元々、表現力のあるダンサーだと感じていたが、それがさらに繊細に、オデットの思いが自然に広がっていくような感じ。また、ロシアバレエの技術も高く、オデットのヴァリエーションなどでの床の使い方もとても丁寧。そして、リフトでは喜びを全身で表している姿が……2幕で、こんなに喜びが前面にでてくるオデットを初めて観たような気がするが、王子が恋しただけでなく、オデットもやはり恋をしたのだから、ストーリー上でも納得できる演技だと思う。3幕でのオディールも華やかで優雅、柔らかさもあって良かった。数年前に彼女の全幕主演(別の演目だが)を観た時よりも確かに成長していると感じた。
(2012年7月14日 奈良県文化会館国際ホール)

osaka1208a1441.jpg 撮影:Shin STYLE osaka1208a1453.jpg 撮影:Shin STYLE osaka1208a8514.jpg 撮影:Shin STYLE
osaka1208a1501.jpg 撮影:Shin STYLE osaka1208a1709.jpg 撮影:Shin STYLE osaka1208a1763.jpg 撮影:Shin STYLE
osaka1208a7496.jpg 撮影:Shin STYLE osaka1208a7615.jpg 撮影:Shin STYLE osaka1208a8678.jpg 撮影:Shin STYLE