ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.07.10]
From Osaka -大阪-

なにわ芸術祭参加、様々な形の舞台を3部構成にした全日本洋舞協会特別公演

全日本洋舞協会
演出:横井茂、振付:新井雅子『妖精たちの森』ほか

全日本洋舞協会の特別公演、この協会に所属する団体それぞれが、さまざまな形で参加しての3部構成だった。まず幕開けの第1部、最初の演目は『パ・ド・カトル』(監修:横井茂、指導:金繁妙子)。マリー・タリオーニを芦塚康子、カルロッタ・グリジを西山光呼、ルシル・グラーンを上杉真由、ファニー・チェリートを藤本万喜と、関西で活躍する女性ダンサー4人が丁寧に踊って見せてくれた。続いては『パキータ』(指導:金繁妙子)で、主役パキータを踊った的場涼香は、フェッテ・アントゥールナンで二回に1回ダブルを入れるなどとてもテクニカル。また、リュシアンの中田一史は、確かな基礎に基づいた繊細な踊りで気品が感じられ良かった。
続く第2部は、「胸が熱くなるいい話」。全国から寄せられた約1万の心温まる実話から選りすぐったものを掲載した書籍から6つの実話を選び、舞踊作家がそれぞれ振付けるというプログラムだ。舞踊作品としてのレベルはまちまちで、正直なところ踊りが良くても、その実語に即しているのかどうか悩むものもあるなど、観ていて題材を得ての舞踊作品作りの難しさを感じた。だが、佐藤典子振付の『僕は大丈夫です〜金絲雀(カナリア)』をはじめ圧倒され引き込まれる作品や、加藤きよ子振付の『兄弟の風船』などホッする作品など、良い作品がいくつもあり、こういった取り組みは興味深い。とにかく、どの作品も人間が生きるということに対する優しい視点に基づいていることは確かで、客席の私も心が温かくなるような気がした。
そして第3部は『真夏の夜の夢』を題材にした『妖精たちの森』(演出:横井茂、振付:新井雅子)。タイターニアの大滝よう、オーベロンの平野玲は、女王と王らしく、パックの石井沙絵はとてもイキイキと。加えて、この演目はコール・ド・バレエも一定のレベル以上のダンサーが揃っていた。物語を厳密に追うというよりも詩的な構成で、妖精たちの世界に誘ってくれた。
(2012年6月3日 サンケイホールブリーゼ)

osaka1207d_0901.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207d_1115.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207d_1438.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1207d_0238.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207d_0709.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207d_0988.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1207d_1092.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207d_1311.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207d_8017.jpg 撮影:尾鼻文雄