ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.07.10]
From Osaka -大阪-

生き生きとした演技が光った法村友井バレエ『騎兵隊の休止』と『ラ・シルフィード』

法村友井バレエ団
原振付:マリウス・プティパ、再振付:ユーリー・ペトゥホフ『騎兵隊の休止』、振付:法村牧緒『ラ・シルフィード』

法村友井バレエ団の今回の公演は、『騎兵隊の休止』と『ラ・シルフィード』、タイプの違う2演目の組み合わせ。
まず上演されたのは『騎兵隊の休止』。ピョートル役は今村泰典、背が高くスタイルの良い彼が、とても生き生きと表情豊かに演じていたのがまず印象に残った。マリア役の阿部悠起子はとても美しいラインを見せるダンサー、そして、テレーザの中内綾美はコミカルな部分もあるこの役を達者な演技力を発揮して好演していた。
続いての『ラ・シルフィード』は、ジェームズ役にロシアのミハイロフスキー劇場からアントン・ブルームを招き、シルフィード役は法村珠里、エフィーは河野裕衣。
エフィもジェームズも自然な演技で進む舞台、もちろん主要な役柄のダンサーたちはみな一定のレベル以上のものを見せてくれたのだが、なかで特に引き込まれたのは、法村牧緒が演じたマッジだ。リアルで、だがやり過ぎることはなく、深みと確かな存在感をもったマッジ、強く印象に残った。
法村珠里のシルフィードは、それぞれのポーズや動きは美しいのだが、欲を言えば、シルフィード特有の“この世のものではないとらえどころのなさ”や“儚さ”のようなものが、もう少し出ると良かったと思う。
コール・ド・バレエもレベルが揃ったダンサーたちで美しくまとまっていた。 
(2012年6月2日 あましんアルカイックホール)

osaka1207c_0126.jpg 『騎兵隊の休止』撮影:尾鼻文雄 osaka1207c_0027.jpg 『騎兵隊の休止』撮影:尾鼻 葵
osaka1207c_0686.jpg 『ラ・シルフィード』撮影:尾鼻 葵 osaka1207c_0882.jpg 『ラ・シルフィード』撮影:尾鼻 葵
osaka1207c_0718.jpg 『ラ・シルフィード』撮影:尾鼻文雄 osaka1207c_1042.jpg 『ラ・シルフィード』撮影:尾鼻文雄
osaka1207c_1124.jpg 『ラ・シルフィード』撮影:尾鼻文雄 osaka1207c_8024.jpg 『ラ・シルフィード』撮影:尾鼻文雄