ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.07.10]
From Osaka -大阪-

ユーモアもありスムーズなストーリー展開が楽しかった地主バレエ『コッペリア』

主催:地主薫バレエ団
演出・振付:地主薫

全体にとても温かい雰囲気で盛り上がった舞台だった。群舞の隅々までの出演者が年々成長し、出演者全員が良い舞台を創ろうと前向きに取り組んでいる雰囲気が客席にも伝わる感じだ。
スワニルダは私が観た夜公演は高木美沙(昼公演は安井遥子)、フランツは昼夜ともに奥村康祐が踊り、コッペリウスはドミトリー・ザバブーリン。地主の演出・振付は、元の物語を大切にした上で、オリジナリティに溢れている。まず最初の幕が開くと、コッペリウスの家が正面に置かれていた。通常とは違う配置だが、客席のどのエリア(端でも)から見ても見やすく、誰もが物語を把握しやすくなりそう。また、繰り広げられる群舞も円を上手く使うなど隊形を鮮やかに変化させながらとても華やかで、踊りの楽しさが溢れていたし、コッペリウスの家に忍び込む場面では、スワニルダが友人たちと入っていくだけでなく、フランツの悪友も一緒にハシゴを登る。そして2幕の家の中では、男の子たちが先に着いている。確かに、ハシゴで直接登った方が、家の中を探検しながら階段で上がってくる女の子たちより早く着くのが自然だ。その後も物語がスムーズに流れるようにつじつまが合っているとともに、細かい工夫が散りばめられ、またユーモアたっぷりの部分も多くて楽しめた。
主役スワニルダの高木はスラッとしたスタイルを活かして、美しく優しげで良い感じ。そしてフランツの奥村はチャーミングで、この役のちょっといたずらっけを含んだ青年の雰囲気がとてもよく出ていた上に、高いジャンプ、多回転も美しく惚れ惚れするような鮮やかな止まり方で、爽やかな風が舞台を吹き抜けるような魅力を感じた。
また、スワニルダとフランツ両方の友人たちや3幕のディヴェルティスマンのソリストたちにも高いテクニックを持ったダンサーが多く、伸び伸び、生き生きとした踊りを見せてくれた。
(2012年5月20日夜 梅田芸術劇場メインホール)

osaka1207b02.jpg 撮影:OfficeObana osaka1207b06.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207b07.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1207b01.jpg 撮影:OfficeObana osaka1207b03.jpg 撮影:尾鼻 葵 osaka1207b04.jpg 撮影:尾鼻 葵
osaka1207b05.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207b08.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1207b09.jpg 撮影:尾鼻文雄