ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.11.12]
From Osaka -大阪-

見事だった野間景オデットと山本隆之ジークフリートのグラン・アダージオ

SBF堺バレエフォーラム(野間バレエ団、シンドウバレエ、恵バレエスクール)
『白鳥の湖』ほか

堺市文化振興財団主催の「文化倶楽部シリーズ」として行われた催し。「オペラ」を楽しもう、「古楽」を楽しもう、そして、この「バレエ」を楽しもう、と3つの企画が日時や場所を変えて行われた。
私が観た「バレエ」を楽しもうは、野間康子を総監督に、堺市のバレエ団体である野間バレエ団、シンドウバレエ、恵バレエスクールの3団体が協力して行ったもの。初めてバレエを観る人にも親しみやすいように、最初に、野間康子を中心に真銅恵子、平井恵と3人で「バレエの歴史について」のお話、続いて客席でできる「簡単エクササイズ」(モデル:待山朋美)を行い、その後、バレエ上演に入っていった。

osaka1211b01.jpg 撮影:榎本 功

『ライモンダ』第2幕よりアダジオ(谷藤桐子、山本隆之)、『眠れる森の美女』より妖精の踊り、『白鳥の湖』第3幕のディベルティスマンが踊られ、ラストは、野間景と山本隆之による『白鳥の湖』第2幕よりグラン・アダジオ。山本はさすがに優しげで品のある王子。そして、野間景のオデットは、恵まれた長い手脚を活かし、躊躇しながらも少しずつ王子に心を開いていく様子がとても丁寧に表現されていて良かった。また、彼女の白鳥をぜひ観たいと思った。
この催し、前売り入場券が1000円で解説もついているということからか、初めてバレエを観るという方も多かった様子。日本にはまだまだ「バレエを観たことがない」という方が多いように思うが、自治体や劇場と協力してのこのような催しが、日本の各地で行われるようになれば良いだろうと思う。
(2012年9月23日 堺市立栂文化会館ホール)
 

osaka1211b02.jpg 撮影:榎本 功 osaka1211b03.jpg 撮影:榎本 功 osaka1211b04.jpg 撮影:榎本 功
osaka1211b05.jpg 撮影:榎本 功 osaka1211b06.jpg 撮影:榎本 功