ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2011.10.11]
From Osaka -大阪-

下村由理恵、佐々木大による『シンデレラ』、佐々木美智子バレエ

演出・振付:篠原聖一『シンデレラ』
佐々木美智子バレエ団
osaka1110d01.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)

佐々木美智子バレエ団の今回の演目は篠原聖一振付の『シンデレラ』。シンデレラを踊ったのは下村由理恵、王子が佐々木大。このよく知られた物語を、バレエの高いテクニックはもちろんのこと、丁寧に繊細な表現力を持って観せてくれた。
第1幕、まず驚いたのは、振付の篠原自身が演じる継母と義理の姉妹(杉原小麻里、角井志帆)の迫力。行われた劇場・八尾プリズムホールは河内の真っ中心と言っても良い場所にあるが、まるでその河内の女性の勢いを身につけたような。私はそんな飾らない河内の迫力も好きなのだが、美しいバレリーナである杉原小麻里や角井志帆がここまでの迫力を出したことに圧倒された。
そして夜に1人になったシンデレラの踊り、あの継母と義理の姉妹の迫力によって、さらにシンデレラのピュアな姿が浮き彫りになる。下村のパーティに連れて行ってもらえなくても、1人笑顔で踊る清純な姿を観ていると、清いということはどんな時にも喜びを見いだせるということなのかも・・・と、そんな風に思えてきた。
仙女(松村知佳)や四季の精も、それぞれの持ち味を活かして観せてくれた。

osaka1110d04.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)

第2幕、王子の佐々木大は自由自在に踊りにニュアンスをつけて踊っているようで、さすが。ジュテの脚もハッとするほど美しかった。
また、道化の末原雅広のテクニックも眼を引くものだったし、オレンジの中心で踊った佐々木夢奈は顔が小さく長い手脚、笑顔も自然でイタリアン・フェッテなどのテクニックも難なくこなしていて、これからが楽しみなダンサー。
そして3幕、王子は道化とともに、シンデレラ探しの旅に出る。佐々木、末原の2人とも高いジャンプなどテクニックが鮮やかで、この部分は他の『シンデレラ』の舞台では、繋ぎのような雰囲気になってしまいがちにも思えるのだが、この舞台では見応えがあるシーンに仕上がっていた。そこから、スペイン、オリエンタルと旅する中で、王子がまた違う恋をしそうになるなど、細かい演出も効いていてあきさせない展開。最後はボロを来たままで星空の下、王子と踊るシンデレラ、そして輝くようなコール・ド・バレエ、けなげな少女の幸せが胸にスーッとしみ入った。
(2011年8月28日 八尾プリズムホール)

osaka1110d02.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1110d03.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1110d05.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1110d06.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1110d07.jpg 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1110d08.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)