ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2011.07.11]
From Osaka -大阪-

関西のダンサーを中心に実力派が集ったRUBAN ROSEをアピールする公演

『PERFORMANCE DU BALLET LE 1ER RUBAN ROSE』
Ako Ballet
osaka1107a06.jpg

2年前に乳ガンを発症し手術をしたAkoバレエ主宰の永山昭子が、乳ガン撲滅を掲げ、早期発見のきっかけ、活動に対する募金の呼びかけを行う『PERFORMANCE DU BALLET LE 1ER RUBAN ROSE』を開催、関西を拠点に活動するダンサーを中心に、実力派ダンサーたちが出演した。

山本悦子振付の群舞作品『モーツァルトのように』で幕開けしたこの公演。矢野陽子と山口章が心を込めて踊った『ジゼル』act.II よりグラン・パ・ド・ドゥ、美しいスタイルを活かし、大人の憂いが香りたつようで引き込まれた。田中ルリと河島真之の『エスメラルダ』よりグラン・パ・ド・ドゥ、華がありお姫様と王子さまそのものの中屋利萌子と奥村康祐の『眠れる森の美女』act.IIIよりグラン・パ・ド・ドゥと、クラシック演目で見応えのあるものが上演されたのがまず嬉しい。主宰の永山昭子自身も『海賊』act.II よりパ・ド・トロワを森充生(コンラッド)と山口章(アリ)をパートナーに踊り、病を克服した元気な姿を披露した。
クラシック以外では、瀬島五月自作自演の『遠く…彼方に鳴り響く鐘』が印象的。激しい感情の変化が随時こちらに迫ってくる、その迫力はさすがだ。また、篠原聖一振付で山本悦子と樫野隆幸が踊った『MEN and WOMAN』は、ヴェテラン・ダンサーだからこそ出せるのではないかと思える落ち着いた男女の関係性が表現されていた。
そしてラストは、下村由理恵と佐々木大を中心に佐々木美智子バレエ団のダンサーが踊った『バレエの情景』。『ライモンダ』で聞き慣れた曲に下村が振付けた作品で、群舞のバレエテクニックも高く楽しめた。下村と佐々木のパ・ド・ドゥは夜に夢を見るようなきらびやかさの上に、大人の情感が漂う。「バレエって、やっぱり素敵!」と思えるラストだった。
(2011年5月21日 いたみホール)

osaka1107a04.jpg osaka1107a09.jpg
osaka1107a13.jpg osaka1107a15.jpg
osaka1107a16.jpg osaka1107a18.jpg

撮影:岡村昌夫(テス大阪)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。