ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2011.05.10]
From Osaka -大阪-

明るい喜びを表した泉ポールの『カルミナ・ブラーナ』

構成・演出・振付:泉ポール『カルミナ・ブラーナ』ほか
iSバレエ・フェスティヴァル
osaka1105b01.jpg

女性全員が白いチュチュ、男性は白いブラウスと白いタイツで踊った『Fantasia Blanc』で華やかに幕を開けたiSバレエ・フェスティヴァル。続いてダンサーそれぞれの個性と魅力を活かしたクラシック・バレエのヴァリエーションが披露された。そのなかで特に印象に残ったのは、最後に踊られた大久保彩香の『ライモンダ』よりライモンダのヴァリエーション。スローでラインの美しさを観せる前半から途中でテンポが変わるこのヴァリエーション、前半が丁寧でコントロールが行き届いているのはもちろん、速いテンポになってからも足の甲はきちんと美しく、表情の変化もあって想いがこもっていることが感じられとても良かった。

osaka1105b07.jpg

そして、今回のメインは『カルミナ・ブラーナ』。泉ポールが振付を始めた初期に手がけた作品だ。『カルミナ・ブラーナ』は、振付者によって、かなり変わるのを常々感じているのだが、泉ポール版は喜びに溢れたシーンが特に印象的で全体的に明るい印象が強い。
大久保彩香、石川飛鳥、細山田愛美、石川永遠那、竹中久美子、川村結衣などを中心にした女性達によるバレエテクニックに基づいたクセのない動きでの喜びの表現は、観ていて心浮き立つものだった。だが、もちろん他にもさまざまなシーンがあり、多様なダンサーの個性が上手く活かされていた。そんななか「太陽はすべてをいたわる」のソロを踊った塚本士朗が特に印象的だった。想いを込めるせつない表情、クラシックの高い技術に基づいた勇壮なジャンプなど、身体全体での表現力が高く、彼は最近、とても成長しているように感じる。
後半では「焙られた白鳥の歌」の泉ポール。どこか中性的で年齢不詳、切なさや弱さも感じさせるのに、圧倒的な存在感も感じさせる、人ではないような不思議なもの──とても印象に残った。
(2011年4月1日 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)

osaka1105b02.jpg osaka1105b03.jpg
osaka1105b06.jpg osaka1105b09.jpg osaka1105b12.jpg

撮影:古都栄二・小林 愛(テス大阪)
※それぞれの詳細・撮影クレジットは、画像をクリックし拡大写真にてご覧ください。