ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2010.09.10]
From Osaka -大阪-

楽しかった深川秀夫振付『〜なぜか真夏のNutcracker!!─くるみ割り人形─』

演出・振付:蔵本誠子、深川秀夫『パキータ』『〜なぜか真夏のNutcracker!!─くるみ割り人形─』ほか
蔵本誠子バレエスクール

このバレエ・スクールからも、近年、良い生徒が何人も巣立っている。今回の舞台を観て、その可能性のあるダンサーが次の世代でも着実に育ちつつあることを実感した。

『パキータ』、コール・ド・バレエのなかにも表情が生き生きしているダンサーが多く、それぞれ個性も感じる。エトワールを踊ったのは、山本小糸バレエの河野未沙、大人の魅力を持ち、眼の力で演技ができる人だ。そして蔵本誠子が子供たちのために振付けた『パリの街角──カーニバル』のなかにも、ジュニアで良いものを持った子がチラホラ、これからの成長が楽しみだ。

全体を通して、もっとも印象に残ったダンサーは、コンサートで『エスメラルダ』よりヴァリエーションを踊り、最後の演目、で金平糖の精を踊った中澤舞。長い脚、恵まれた体型に加え、エスメと金平糖というまったく違ったタイプの役柄を、それぞれ違った魅力で見せたのも興味深い。金平糖では、ふわーと昇華するような感じと華やかな輝きを併せ持った踊りが印象に残った。また、クララの東馬場奈奈美も、チャーミングなヴァリエーションやトゥールの多い動きを軽やかにこなし、物語の主人公として夢の世界に引きこんでくれた。

深川のおしゃれな『〜なぜか真夏のNutcracker!!……』、暑い夏の日、ラストシーンに雪を観るのはとても涼しげで、あぁ、だから真夏にも良いかも──と思いながら劇場を後にした。
(2010年8月12日 いたみホール)

osaka1009h01.jpg osaka1009h04.jpg
osaka1009h02.jpg osaka1009h03.jpg

撮影:大神和也(ジェイ・ブイ・エス)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。