ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2010.09.10]
From Osaka -大阪-

東西のダンサーが競演したMRBバレエスーパーガラ

MRBバレエスーパーガラ
MRB松田敏子リラクゼーションバレエ
osaka1009a01.jpg

12回目を迎えた「MRBバレエスーパーガラ」、松田敏子がプロデュースし、毎年夏に行われている関西を代表するバレエ・ガラだ。初期の頃は関西にゆかりのあるダンサーが中心に・・・といった出演者の顔ぶれだったが、松田と小嶋直也の結婚により最近は、東京、特に牧阿佐美バレエからの出演者もだいぶ増えている。東西の交流ができているようで以前とはまた違った楽しみを与えてくれるプログラムとなっている。
幕開けは漆原宏樹振付の『ムーブメント』で、オープンスタジオであるMRBに集うダンサーたちがオープニングらしく明るく楽しげに踊る。続いては、ロシアのボリショイ・バレエ団で活躍する岩田守弘が京都のダンサー、福谷葉子と『サタネラ』よりグラン・パ・ド・ドゥを弾むように生き生きと踊った。次の田中祐子と塚田捗の『ジゼル』2幕のパ・ド・ドゥは、女性ヴァリエーションのフワッとしたジャンプが精霊そのもののよう、想いも伝わり印象に残った。的場涼香は沖潮隆之をパートナーに、漆原宏樹振付の『ブラジレイラス』。憂いのあるラテン風の成熟した雰囲気の作品に挑戦、正直、まだものたりない面はあったが、新たな魅力の片鱗を見せてくれた。
そして、特に印象に残ったものの1つが渡部美咲と福岡雄大の『くるみ割り人形』よりグラン・パ・ド・ドゥ。少年時代から数年前まで勇壮な踊りが得意だとばかり思っていた福岡が、すっかりノーブルな王子になっていることを実感、もちろんテクニックもきっちりとこなしレベルが高い。渡部も華奢で壊れそうな小さな金平糖そのもの、とても良いパ・ド・ドゥだった。3人3様の魅力を見せた吉岡まな美、菊池研、塚田捗の『海賊』第2幕よりパ・ド・トロワを挟み、第1部のラストは小嶋直也がシューベルトの曲に振り付けた『LOOK』。小嶋自身から、法村圭緒、恵谷彰、京當侑一籠、竹中優花、廣岡奈美、田中ルリ、吉田千智など、東西のいずれも主役を重ねるレベルのダンサーたちによるアンサンブルは、このメンバーだからこそという難易度の高い技がふんだんに盛り込まれて壮観。

第二部幕開けは石川愉貴振付で、本人と大野嘉子、淺野眞央が踊った『Dance a・la・carte』。ポップなシーン、和の魅力を感じさせるシーンなどさまざまなテイストを折こんで、その名の通りアラカルトメニューを見るような感じ。クセがない基礎がしっかり入ったダンサーたちの動きが観ていて気持ちよかった。漆原宏樹が振付、西尾睦生が息子・河森翔龍とともに踊った『北の海に』は、ドラマを凝縮したような小作品。西尾はこういう作品で感情を客席に伝えることに特に優れたダンサー、良いものに仕上がっていた。
次に『グラン・パ・クラシック』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは金子扶生と奥村康祐。昨年のモスクワ・コンクール銀メダル、今年のジャクソン・コンクールでも銀メダルと、世界的な評価も高い2人の踊りはさすが。奥村は既にプロとしての活躍を初めているが、まだ海外のバレエ学校卒業とほぼ同年代の金子がこの後、どんな道を歩むのかはとても気になるところだ。
続いては、小嶋直也自作自演の『TIME』。ちょっとギリシャ神話のナルシスを思わせ、楽しいダンスだった。田中ルリと沖潮隆之による『ライモンダ』よりグラン・パ・ド・ドゥは大人の魅力。滑らかさも柔らかさも持った上で凜とした芯が通っている、そんな田中の踊りに魅せられた。第二部ラストは法村珠里と秋元康臣の『ダイアナとアクティオン』よりグラン・パ・ド・ドゥ、天性の華やかさを持つ法村、脚が長くのびやかなテクニックの秋元、伸び盛りの2人のフレッシュな踊りが良い。

例年は、そんな小作品でお開きだったのだが、今年は第三部として『白鳥の湖』より第3幕を。青山季可の気品あるオディール、京當侑一籠の若く無邪気な、これならすぐにだまされてしまうと思わせて、それでいてスケールの大きさも感じさせる王子。ディベルティスマンも1部2部で活躍したダンサーたちが踊り、所属を超えて実力あるダンサーが集って1つの作品を創り上げていることが興味深かった。
(2010年7月25日 グランキューブ大阪)

osaka1009a02.jpg osaka1009a03.jpg
osaka1009a04.jpg osaka1009a05.jpg

撮影:(C) 尾鼻文雄(stage picture Mugen)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。