ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2010.07.12]
From Osaka -大阪-

武藤天華のバジルを始め客席を沸かせた『ドン・キホーテ』

浜田蓉子・貞松正一郎:振付『ドン・キホーテ』
貞松・浜田バレエ団
osaka1007b01.jpg

姫路で行われた貞松・浜田バレエ団公演。このバレエ団の『ドン・キホーテ』はゴルスキー版、街の人々がバレエの形式にとらわれずに生き生きと雑多に動き、“スペインの街角そのもの”といった雰囲気を創り上げるのが魅力だ。
キトリ役は、これまでにこの役を高岸直樹や貞松正一郎と踊った経験も持つベテランの正木志保。彼女の踊りは明るく溌剌とした雰囲気が全面に出て、さっぱりとした性格が感じられて良い。バジルの武藤天華は、王子がこなせる気品を持った人、技術的にも高いものを持ったダンサー、バジルではもう少し遊びが入るとさらに良いかも知れない。
そしてガマーシュ役は、このバレエ団付属の教室でバレエを学び、男性がトゥ・シューズを履いて踊るグランディーバで活躍する瀬川哲司。彼は姫路出身で、特に今回は姫路公演ということで出演が実現したのだが、コミカルに客席を沸かせる力はさすが。楽しいバレエを更に楽しく盛り上げていた。

osaka1007b02.jpg

街の踊り子の瀬島五月は凄みを持った踊り、エスパーダのアンドリュー・エルフィンストンは長身を活かしてあくまでも格好良く。居酒屋シーンのメルセデス役、廣岡奈美も、彼女らしい迫力が増しているし、ジプシーの女の佐々木優希は透き通るような白い肌から憂いを感じさせ、脱力した絶望感が強く迫ってくる踊り。また、この演出は、3幕の結婚式でもキューピッドが大活躍するのだが、その安原梨乃がチャーミングで素晴らしい。私が安原を初めて良いダンサーだと意識したのもやはり、この『ドン・キホーテ』のキューピッド役だった。
もう1つとても印象に残ったのは、居酒屋のシーンでの酔っぱらいの踊り“ジグ”。半井聡子、金子俊介、塚本士朗、水城卓哉は、安酒場にたむろする酔っぱらいそのもので、みんなクラシックも踊れる人なのだけれども、そこから離れた振付をこれだけ徹底してこなせるのは、やはりこのバレエ団がコンテンポラリーを含めさまざまな振付家の作品を手がけている成果かも知れない。
(2010年6月6日 姫路市文化センター 大ホール)

osaka1007b03.jpg osaka1007b04.jpg
osaka1007b05.jpg osaka1007b06.jpg

撮影:中原健吉(テス大阪)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。