ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2010.03.10]
From Osaka -大阪-

全京都洋舞協議会が石井潤作品をメキシコ、グアダラハラで上演する

石井潤:振付『ララバイ』『インタープレイ』『シャンソネッタ・テデスカ』
全京都洋舞協議会

京都市とグアダラハラ市の姉妹都市提携30周年記念事業、日本とメキシコの交流400周年の記念事業として、全京都洋舞協議会がグアダラハラ公演を行った。
私は17日に、京都で行われた公開リハーサルを鑑賞。石井潤振付の3作品を、全京都洋舞協議会から選ばれたダンサーたちと二人の男性ゲストダンサーが見応えあるものに仕上げていたのを楽しんだ。
古楽器の響きの中、中村美佳と中田一史を中心に、フォークダンスを思わせるような動きを取り入れノスタルジックに踊る『シャンソネッタ・テデスカ』で幕開け。5人の女性の生き方、関わり方を優しく描いた『ララバイ』は、寺田美砂子を筆頭に、中村美佳、井澤照予、夏目美和子、戌亥紗江それぞれの個性ある魅力が見えてとても良い感じ。機会があれば、また舞台で観てみたい作品だ。最後は、大人の表情での大きな踊りが良い中西貴子と武藤天華を中心にしたシンフォニック・バレエ『インタープレイ』、スピーディなシーンも多く、群舞を含めて実力あるダンサーがこの一行に選ばれていることが感じられた。
全京都洋舞協議会の報告によると、一行は、1月28日に日本を発ち、同日グアダラハラに着。翌日から、舞台準備・リハーサルを行うとともに、市長表敬訪問や新聞記者会見、テレビの報道番組への出演なども行ったそうで、現地は盛大な歓迎ぶりだったという。ゲネプロに地元のバレエの先生方を招待したり、公演翌日には市内のバレエ学校を訪問するなど、バレエ関係者との交流も行い、今後も交流を続けて行くことを具体的に話し合ったということで、今後更に、京都とメキシコとのバレエを通した交流が充実していきそうだ。
(2010年1月31日 メキシコ ハリスコ州立 デゴジャード劇場 *1月17日に行われた京都での公開リハーサルを鑑賞)

osaka1003f01.jpg osaka1003f02.jpg
osaka1003f03.jpg osaka1003f04.jpg

※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。