ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

桜井 多佳子 text by Takako Sakurai 
[2009.08.10]
From Osaka -大阪-

ヴァラエティに富んだトリプル・ビル Y.S.BALLET COMPANY 2nd パフォーマンス

マリウス・プティパ振付『ライモンダ』結婚の場
堀内充 演出・振付『カルメン』
大寺資二 演出・振付『卒業記念舞踏会』
Y.S>BALLET COMPANY
osaka0908a01.jpg

山本紗内恵バレエスクールを母体とするY.S.BALLET COMPANY の第二回公演。
『ライモンダ』は、ライモンダを佐野弘枝、ジャン・ド・ブリエンヌを中井嵩人というキャスト。跳躍力に優れる中井が実力を存分に発揮できなかったのは残念だった。男性だけのパ・ド・カトルは、この夏のソウル国際コンクール優勝の福岡雄大、モスクワ国際コンクール2位の奥村康祐らを中心に見ごたえたっぷり。上質の出来栄えだった。

『カルメン』は、堀内充の演出・振付。自身が准教授をつとめる大阪芸術大学で以前発表した作品を、大きく改訂して発表した。
ドン・ホセの処刑シーンを幕開けに見せるという演出は、最近、オペラでも見かけられるが、原作を読み込むとそこに至るということだろう。純朴で生真面目なドン・ホセ役を山本庸督が熱演。恋人ミカエラ役の高井香織は、ホセに対する純粋で一途な気持ちを清潔感漂う踊りで表現していた。堀内版では、スニガもカルメンに魅了される。ホセの上司であり、恋敵でもあるスニガを演じた福岡雄大が素晴らしい。直情的ではあるが、ホセのように思いつめない男性像を、豪快なテクニックで魅せていた。
あえてドラマを忠実に追わず、ホセがたどる運命を散文的に描くという手法は、シーンごとのコントラストの違いが楽しめた。ただ、『カルメン』のあらすじを、ある程度わかっていなければ、混乱する箇所もあった。カルメン役、佐藤絵理も、ホセ役、山本も、シーンごとの感情を理解し、それを精一杯表現している。だが、そこに至る過程が観客にはわからないので、その心理状態が伝わりにくくなっていたのは惜しまれる。

osaka0908a02.jpgosaka0908a03.jpg
osaka0908a04.jpgosaka0908a05.jpg



『卒業記念舞踏会』は、リシーン振付版に沿ってはいるが、大寺のセンスが随所に光っていた。大寺自身が演じた将軍と、三島久美子演じる校長のやりとりが、しっとりとしたなかにユーモアを絡め、観客を楽しませた。大寺は柔和で渋い紳士風。校長は、上品で美しく、ときにコミカルな表情を見せる三島の、はまり役といえるだろう。
リシーン版の「フェッテ競争」は、男性たちが技を競うシーン。ここでも福岡らが大活躍。鼓手の福田圭吾はシャープな動きだけでなく、何気ない仕草にも、観客の目を引き付けるダンサーだ。シルフィードのコール・ドや在校生役などには、山本紗内恵バレエスクール生も出演。全員で、ラストを明るく盛り上げていた。
(2009年7月16日 NHK大阪ホール/撮影:尾鼻文雄)

osaka0908a06.jpgosaka0908a07.jpg
osaka0908a08.jpgosaka0908a09.jpg