ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.07.10]
From Osaka -大阪-

国田美和バレエスタジオ『2009バレエコンサート』

国田美和振付 『眠れる森の美女』より2幕&3幕他
国田美和バレエスタジオ
osaka0907c04.jpg

小さな子どもたちの小品から、伸び盛りのジュニアたちのヴァリエーションやグラン・パ・ド・ドゥ、大人の方々の落ち着いた魅力を持った演目などに続いて、最後に上演されたのは『眠れる森の美女』より2幕&3幕。オーロラ姫は主宰の国田美和、デジレ王子には牧阿佐美バレヱ団から逸見智彦を迎えた。

国田美和は、どちらかというと明るくハッキリした魅力を現すのが上手いダンサーだと思うが、基礎がある人なので、年齢を経るなかでいろいろなものに挑戦するのは良いことだろう。まず、2幕の幻影をとても丁寧に踊っていたのが印象的、回転がしっかりした彼女のこと、ちょっと音楽に対してシェネが速すぎるかと気になる部分もほんの少しあったが、全体としては慎ましやかな表現になっていた。
そして、3幕はさすがに華やか。基礎に忠実に、柔らかさも出せていたのは、経験を積んでいるからこそできることだろう。王子の逸見智彦はさすがに上品で、この役がとてもよく似合う。そんな良いパートナーとともに品のある踊りに仕上げていた。
 

osaka0907c01.jpg

また、ラインの美しさも出し、眼の演技も良かったリラの精の北村和子はじめ、フロリナ王女の広瀬舞奈のやさしげな笑顔の変化をともなった踊り、恵谷彰のいつ観てもレベルの高い青い鳥、まだジュニアなのに表情豊かな金田明佳里の赤ずきん、スタイルの良さがひときわ眼を引く白い猫の入江葉子をはじめ、ソリスト達もそれぞれ魅力的に踊っていた。

 

osaka0907c02.jpgosaka0907c03.jpg
osaka0907c05.jpgosaka0907c06.jpg

 (2009年6月7日 大阪国際交流センター大ホール/撮影:古都栄二(テス大阪))