ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.05.11]

石川恵己 構成・演出・振付『オーロラの結婚』ほか、アート・バレエ難波津の舞台から

石川惠己 構成・演出・振付『オーロラの結婚』ほか
アート・バレエ難波津
osaka0905d01.jpg

「名作ヴァリエーション集」から舞台は始まった。小さな子たちは、ヴァリエーションを踊りこなすことに精一杯という感じだが、それでもクセはなく素直に踊っているのが感じられて安心して観ていられる。後半に向かうにつれて、磨かれた踊りに。各コンクールの優秀者や上位入賞者も多く、それぞれの踊り手個々の持ち味──個性が踊りに感じられるのが良い。

さまざまな創作作品を集めた「コンサート<I>」で、特に印象に残ったのは、塩谷綾菜、成田紗弥、清原優衣奈による『白い鳩』。全身白タイツに白鳥のような頭羽。安定したポアントテクニックで抽象的な作品を表現力を持って踊る姿は、これからが楽しみなジュニアたちであることを感じさせてくれた。

osaka0905d02.jpg

「コンサート<II>」では、団員たちも踊りを披露。『白鳥の湖』第1幕よりパ・ド・トロワを踊ったのは、奥麻里子、梅谷侑里、持田耕史。ゲストの持田をパートナーに踊った女性2人は、よく鍛えられているホープで伸び盛りという印象。
内藤夕紀が踊った『睡蓮』は、大人だからこそだせる静かな柔らかさや穏やかさが魅力。彼女のしっとりとした美しさにとても合う作品だった。続いての谷吹知早斗の『眠れる森の美女』第2幕よりオーロラ姫のヴァリエーションも、美しいラインでどこまでも伸びるような余韻を持って幻影の世界の魅力を感じさせてくれた。そして、『白鳥の湖』第3幕よりオディールと王子のグラン・パ・ド・ドゥは、大野嘉子と石川愉貴。それぞれ物語を知り抜いた上での堂々とした表情の変化、表現で楽しませてくれた。
ラストは、『眠れる森の美女』より「オーロラの結婚」、プロローグと3幕の結婚式の場面だ。オーロラ姫は奥麻里子、バランスの良いスタイルで、素直でおっとりとした優しさが感じられ、それでいて華もあり良かった。
(2009年4月12日 大阪府立青少年会館)

osaka0905d03.jpgosaka0905d04.jpg
osaka0905d05.jpgosaka0905d06.jpg