ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.02.10]
From Osaka -大阪-

あふれる想いが伝わる鈴木祐子の『ジゼル』

宮下靖子バレエ 深川秀夫振付『スラヴィック・ダンサーズ』『ジゼル』

宮下靖子バレエのクリスマス公演は深川秀夫振付の2作品の上演だった。
まずはじめは『スラヴィック・ダンサーズ』、ドヴォルザークのスラブ舞曲から選曲した音楽にのせて、キャラクターダンスの動きも入れながら、明るく楽し いダンス、哀愁をおびたダンスなど、群舞あり、ソロありとさまざまなシーンが繰り広げられる。深川作品らしく、手を観客に向けて回すなど「現代的?」と思 える可愛らしい動きも楽しい。
憂いのある魅力も見せ、4分以上の長いソロなど主要なパートを踊ったのは井澤照予。手脚が長く、清楚な初々しさのなかに知性を感じさせて、これからが楽しみな若手ダンサーだと感じた。

  続いては『ジゼル』全幕。ジゼル役を鈴木祐子、アルブレヒトを大寺資二。幕が開くとあたたかい色をうっすらと含んだ柔らかい筋明かり、とても気持ちの良い 朝であることがそれだけで伝わってきて舞台にひきこまれた。この照明は松浦眞也、全幕を通してセンスの良い光だった。深川の演出は、1幕で身体の弱いジゼ ルに母が注意するシーンでウィリーが亡霊のように浮かび、世界が止まったように全員静止、ジゼルだけが動いていて、不安に駆られるというものなど、原作に 忠実ながら細かい工夫が凝らされており、2幕のウィリーの群舞では、獣の角のように頭に手をやりヒラリオンを追い詰めるなど深川らしい振りも織り込まれ て、その迫力やスピード感も興味深かった。
鈴木祐子のジゼルは、物語のなかに溶け込んでいることが感じられて、あふれる「想い」がこちらに伝わる。観客席の私たちまで恋の楽しさ、絶望、2幕の深 い愛情までをともに感じてしまう踊り。動きが柔らかく、所々で素晴らしい軽さもみせてくれた。1幕の最後の狂乱、2幕の最後の別れのシーンともに、ゾクゾ クした。大寺資二も高い品を感じさせて、上手く合っていた。
(2008年12月23日 京都会館第1ホール)