ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2017.02.10]

アメリカのバレエの影響を感じさせるドロッセルマイヤーの甥が活躍する楽しい『くるみ割り人形』

川口節子バレエ団
『くるみ割り人形』川口節子;振付

ドロッセルマイヤーの甥がくるみ割りの王子──とプログラムで知って思い出したことがある。こんな話を思い出して書いてしまう私を、川口節子バレエ団のみなさま、読者のみなさま、許していただければ………。昨年、惜しくも急逝されたK☆バレエスタジオを主宰する3姉妹の長女矢上香織先生と、だいぶ前になるけれど、2人でお食事をした。いろんなお話をしたが、教え子で、新国立劇場のプリンシパルを長年務めた山本隆之が、アメリカのジョフリー・バレエに留学した時、『くるみ割り人形』の配役発表があり、香織先生が「何の役をもらったの?」と聞くと、「ドロッセルマイヤーの甥って言われて……」、それが、実は王子役だった、と。

nagoya1702kawaguchi3027.jpg 撮影:杉原一馬

そして、今回の川口節子バレエ団の舞台。1998年に、当時のサンフランシスコ・シティ・バレエスクール芸術監督のタマラ・ベネットと同スクールの振付家ヘンリー・バーグに特別振付と指導を依頼し、川口率いるバレエ団とともに創り上げたという『くるみ割り人形』だ。その後、適宜、改定してきている。
今回の幕開きのクララは白井心虹。小学校6年生だというが、スラッとしている上に子供らしい素直な表情が良い。フリッツの小竹志和もバレエの基礎をきちんと学んでいることが感じられる動きで好感が持てた。
そしてドロッセルマイヤーの甥=くるみ割りの王子は牧村直紀。ドロッセルマイヤー(後藤晴雄)の手品見習いで手伝うなか、クララとの間に淡い恋心が芽生える。それが、夜のお菓子の国へと繋がっていくわけだ。自然な演技と踊りでの表現が良い。
雪の女王&王子は、中谷友香と長谷川元志、実力派ダンサー2人だ。中谷の華奢でしなりのあるライン、長谷川の落ち着いた端正な動きを中心に、良い雪のシーンに仕上がっていた。中谷は第2幕の花のワルツの中心でバラの精も踊ったのだが、やはり惹きつけて、場を引き締めた。
お菓子の国で、まず印象的だったのは、王様を5歳の少年、平田真弓が演じたこと。川口節子は、こういった子供を活かす使い方が素晴らしい人だなとつくづく思った。『くるみ割り人形』のお菓子の国なら、こんな王様も良い。金平糖の精と王子のグラン・パ・ド・ドゥは太田沙樹とアメリカのアラバマ・バレエのマックス・バン・デ・ステール。太田の落ち着きをもった柔らかさのある踊り、王子の軽さをもったジャンプ、2人は、子どもたちの夢の世界に少し大人の魅力を垣間見せるよう、心地よかった。
(2016年12月23日 愛知芸術劇場大ホール)

nagoya1702kawaguchi2956.jpg 撮影:水野まゆみ nagoya1702kawaguchi4018.jpg 撮影:水野まゆみ nagoya1702kawaguchi4082.jpg 撮影:杉原一馬
nagoya1702kawaguchi3193.jpg 撮影:杉原一馬 nagoya1702kawaguchi3483.jpg 撮影:杉原一馬
nagoya1702kawaguchi3594.jpg 撮影:杉原一馬 nagoya1702kawaguchi3962.jpg 撮影:杉原一馬
nagoya1702kawaguchi4004.jpg 撮影:杉原一馬 nagoya1702kawaguchi1127.jpg 撮影:杉原一馬